英文契約書・日本語契約書の作成サービス

英文契約書・日本語契約書の作成サービス

英文契約書・日本語契約書の作成サービス

一から英文契約書・日本語契約書を作成するサービスです。

 

このサービスは、最初に、契約を起案して提示するのが相手方でなく、お客様側にある
場合です。

 

以下のステップとなります。

 

ステップ1.お客様のご要望や意図について、お伺いします

 

 お客様が日本語で原稿案をご用意されている場合は、原稿案をお送りください。
 箇条書きのメモで構いません。

 

 原稿案がなくても、心配ありません。

 

 原稿案がない場合は、お客様のご要望や意図について、ひとつひとつ、お伺いします。

 

 たとえば、以下のような点について、お伺いすることになります。

 

 ・契約する当事者は誰になるのか(例:取引先とお客様)のご確認
 ・取引先とお客様のビジネスの内容
 ・取引先とお客様の関係
 ・取引のお金の流れ
 ・実現しようとする取引の目的や内容
 ・取引にあたっての不安や課題
 ・取引の将来の目標(もしあれば)

 

 ビジネスの内容を詳しくお聞きするのは、理由があります。

 

 それは、お客様のビジネスニーズに沿うように、契約を作成するためです。  
 納品後も、契約の締結が完了するまでサポートをさせていただくためです。

 

 ビジネスの秘密情報の開示が心配でしたら、ご安心ください。
 行政書士には、法律で、お客さまの秘密を守る秘密保持義務が課されています。 

 

ステップ2.契約書の作成にとりかかります

 

 お送りいただいた原稿案や、お聞きしたビジネスの内容等に基づき、契約案の作成に
 とりかかります。

 

 契約案の作成途中で、追加で確認すべき点がある場合は、お客様にお問い合わせさせて
 いただきます。

 

 お客様からのご質問なども、この間にお受けいたしております。

 

ステップ3.契約書を納品します

 

 契約書に、その内容やリスクについて、分かりやすい解説を付けて、納品いたします。

 

 必要に応じて、最終版の契約書の前に、契約書のドラフトに、解説を付けて、
 一度、お送りして、お客様に見ていただきます。

 

ステップ4.納品後1年間は、契約締結まで、追加費用なしで、サポートいたします

 

  契約書を相手方に提示して、そのまま締結できることはまずありません。

 

  相手が大手企業の場合や、海外と契約を結ぶ場合は、幾度となく、修正要求が
  入るのが普通です。

 

  特に、中小企業の場合、この段階で、一方的に不利な条件を飲まされてしまい
  がちです。不利な条件のまま、契約してしまうことが少なくありません

 

  最後まで、お供させていただきます。

 

  相手方からの修正要求があった場合も、どうするべきか、一緒になって
  考え、ご提案します。
  
  契約書の納品後1年間は、契約締結が完了するまで、追加費用なしで、
  修正対応のサポートをさせていただきます。

トップへ戻る