法律の任意規定と契約

法律の任意規定は、当事者に合意がない場合に契約を補完する役割を果たします。契約で合意されていない事項は、任意規定が適用されて、契約な不十分な点を補完します。取り決めていない事態が起こった場合の取り扱いを決めるのが任意規定といえます。

たとえば、契約が履行されない場合の措置の取り決めがなければ、強制履行、契約の解除、損害賠償を請求できることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA