契約の有効要件

契約が有効となるには、以下の要件を満たすことが必要です。

①確定性:契約の内容が具体的に確定していることが必要です。たとえば売買の目的物が特定されいない売買契約は無効となります。

②実現可能性:契約締結時に実現可能性がなくてはいけません。たとえば売買の目的物が既に滅失していた場合、その売買契約は無効となります。

③適法性:契約の内容は適法でなくてはいけません。法律の強行規定に違反する契約は無効となります。

④社会的妥当性:賭博契約や愛人契約など、反社会的・反道徳的な契約は無効となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA