契約書を作成する目的

口約束で生じやすいトラブルを避けるために契約書が作成されます。契約書の目的は、以下の3点にあります。

①証拠を残す:口約束では証拠がありません。契約書があれば、確かに契約したことの証拠が残ります。

②内容の証明:契約内容を明確にすることにより、口約束による相互の思い違いが無くなります。

③紛争の予防:契約書を作成することで口約束の紛争が無くなります。将来起きうる紛争に対して契約書に予防的な記載をすることが可能となります。

契約書の作成時は、文言の解釈がわかれてトラブルの種にならないよう、当事者が合意した内容について、誰が見ても読み違いのないよに明確な表現しておかなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA