契約書の押印箇所は?

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックの専門事務所です。電話:042-338-2557 宇尾野行政書士事務所

契約書の押印箇所は、以下のとおりです。

①署名・記名の押印:契約書の末尾の押印箇所に、当事者の署名・記名とともに押印します。

②契印:契約書が複数ページにまたがる場合に、各ページが連続することを示すために、ページとページをまたいで押印します。袋とじの契約書なら、各ページに押印する必要はなく、表紙の袋とじ部と契約書面にまたいで押印するだけで足ります。

③割印:契約書を2通以上の作成した場合に、内容の同一性を示すために、2通の契約書にまたいで押印します。

④ 訂正印:契約書で訂正した場合に、訂正したことを示すために、訂正部分の余白に訂正の内容を記載して押印します。

⑤ 捨印:記載事項の訂正に備えて、あらかじめ契約書上欄の余白に訂正印を押印します。 捨印を押しておくと、勝手に訂正される危険があるので、軽率に押印しないようにします。

⑥消印:契約書が課税文書である場合に、収入印紙と契約書面をまたいで押印します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA