Event of Default(債務不履行事由の条項)

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェック(レビュー)の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書で、債務不履行事由の条項として規定されるEvent of Defaultについて、とりあげます。併せて、Event of Defaultの例文をとりあげて、訳をつけて基本表現に注釈を入れました。

1.解説:

1)Event of Defaultとは

Event of Defaultは、英文契約書の債務不履行事由の条項のことを意味します。

Events of Default(債務不履行事由の条項)では、the defaulting party(不履行当事者)によるどのような行為や事由の発生がdefault(債務不履行)に該当するのか、について規定されます。(下記の例文をご覧ください)

2)Events of Defaultとセットで置かれる他の規定や条項

Events of Default(債務不履行事由の条項)に該当する行為や事由の発生がある場合に、default(債務不履行)の内容により、通常、以下のような①~④の規定や条項もセットで置かれます。

Acceleration(期限の利益喪失条項):

Acceleration(期限の利益喪失条項)とは、the defaulting party(不履行当事者)期限の利益を喪失することを規定した条項です。詳しくは、こちらをご覧ください。

the defaulting party(不履行当事者)Events of Default(債務不履行事由)に該当する行為がある場合に、そのthe defaulting party(不履行当事者)期限の利益を喪失するというようにセットで規定されます。

以下の②money damages(金銭的損害賠償)の規定③Termination(契約解除条項)④Remedies(救済条項)についても同様です。

すなわち、the defaulting party(不履行当事者)Events of Default(債務不履行事由)に該当する行為があると、それぞれ、②money damages(金銭的損害賠償)を請求できる、③契約を解除できる、④裁判所に救済措置を求めることができる、というようにセットで規定されます。

money damages(金銭的損害賠償)の規定:

money damages(金銭的損害賠償)の規定とは、the non-defaulting party(非不履行当事者)money damages(金銭的損害賠償)を請求できることを定めた規定です。

Termination(契約解除条項):

Termination(契約解除条項)とは、the non-defaulting party(非不履行当事者)契約を解除することができることを規定した条項です。詳しくは、こちらをご覧ください。

Remedies(救済条項):

Remedies(救済条項)とは、the defaulting party(不履行当事者)によるdefault(債務不履行)の内容が重大なものであれば、the non-defaulting party(非不履行当事者)裁判所に救済措置を求めることができることを規定した条項です。詳しくは、こちらをご覧ください。

2.例文と基本表現

(注):基本表現をハイライトしています。

1)Events of Default(債務不履行事由の条項) – 例文

債務不履行の事由として、①一定期間内に不履行が是正されない、②債務者の支払い不能等の手続きの開始、③第三者による支払い不能等の申し立て、④履行保証の提供ができない、が挙げられています。

Events of Default.  

Either party will be in “Default” under the Contract if it (1) fails to perform any obligation under the Contract and, if the non-performance can be cured, fails to cure the non-performance within 15 business days after notice from the other party specifying the non-performance, (2) admits in writing its inability to pay its debts as they become due, commences a bankruptcy, insolvency, receivership, or similar proceeding, or makes a general assignment for the benefit of creditors, (3) becomes a debtor in a bankruptcy, insolvency, receivership, or similar proceeding commenced by a third party that is not dismissed within 30 days after commencement, or (4) fails to provide adequate assurance of performance under the Contract within three business days after written demand by the other party.

(訳):

債務不履行事由  

いずれかの当事者は、次の各号の事由が生じた場合に債務不履行に該当する:(1)本契約に基づく義務を履行できず、不履行是正できる場合に、相手方から当該不履行を特定する通知の後、15営業日以内に当該不履行是正できないとき、(2)支払期日が到来したときに債務を支払うことができないことを書面で認め、破産、支払不能管財人による管理若しくは同様の手続きを開始する、若しくは債権者の利益のための一般的譲渡を行うとき、(3)第三者により申し立てられた破産、支払不能管財人の管理若しくは同様の手続きにより債務者となり、当該手続きの申し立て後30日以内に取り下げされないとき、または(4)相手方からの書面による請求後、3営業日以内に本契約に基づく履行の十分な保証が提供できないとき。

(注):

the non-performanceは、不履行という意味です。

curedは、cure(是正する)のことで、是正されるという意味です。

become dueは、支払期日が到来するという意味です。  

insolvencyは、支払不能という意味です。

receivershipは、管財人による管理という意味です。

proceedingは、手続きという意味です。 

general assignment for the benefit of creditorsは、債権者の利益のための一般的譲渡と訳しています。債権者への債務の弁済を目的として債務者の財産をtrustee(受託者)に譲渡する米国破産法の手続きです。

dismissedは、取り下げるという意味です。

adequate assurance of performanceは、履行の十分な保証という意味です 

written demandは、書面による請求という意味です。

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。リーズナブルな料金・費用で承ります。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所