Intellectual Property Rights(知的財産権条項)

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェック(レビュー)の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書で、知的財産権の条項として規定されるIntellectual Property Rightsについて解説します。併せて、いくつかの例文をとりあげて、訳をつけて基本表現に注釈を入れました。

1.解説:

英文契約書で、Intellectual Property Rightsが条項のタイトルとして置かれるときは、知的財産権条項のことを指します。

Intellectual Property Rights(知的財産権条項)は、Intellectual Propertyと表記されることもあります。

Intellectual Property Rights(知的財産権条項)のタイトルはひとつですが、規定される内容は、いくつか異なるものがあります。

その内容は、以下の1)から4)のように区分されます。

1)知的財産権の帰属を定めたもの:

知的財産権が当事者の誰に帰属するのかを定めるものです。

単独所有の場合もあれば、共有の場合もあります。(例文①をご覧ください)

2)知的財産権の補償を定めたもの:

当事者の一方が、第三者からの知的財産権の侵害クレームを受けた場合に、相手方を補償することを約束するものです。(例文②をご覧ください)

(ご参考):

補償の意味については、Indemnification(補償条項)|英文契約書の一般条項をご覧ください。

3)知的財産権の侵害を定めたもの:

第三者による知的財産権の侵害があった場合の対処・手順を明確にするものです。(例文③をご覧ください)

(ご参考):

第三者による知的財産権の侵害については、infringementの意味と例文|英文契約書の基本表現をご覧ください。

4)知的財産権の保証(または保証の排除・免責)を定めたもの:

第三者の知的財産権を侵害しないことを保証するものです。

これとは逆に、第三者の知的財産権を侵害しないことを保証しない(保証を排除する、保証責任から免責される)ものもあります。(例文④をご覧ください)

(注):

上記2)は、知的財産権の補償(indemnify)の話ですが、こちらは保証(warrant)についての話です。

(ご参考):

保証の排除・免責については、Warranty Disclaimer(保証の排除・免責条項)の意味と例文をご覧ください。

2.例文と基本表現:

(注):基本表現をハイライトしています。

1)Intellectual Property Rights(知的財産権条項)– 例文①

知的財産権の権利の帰属を定めています。

All intellectual property rights in the Goods and Services delivered by Seller shall remain the sole and exclusive property of Seller, unless otherwise agreed in writing.

(訳):

売主により引渡しされる商品とサービスに係わる一切の知的財産権は、書面で別段の合意がない限り、売主の唯一かつ独占的な財産として存続する。

(注):

*sole and exclusive propertyは、唯一かつ独占的な財産という意味です。

*unless otherwise agreed in writingは、書面で別段の合意がない限りという意味です。詳しくは、unless otherwise とその関連表現|英文契約書の基本表現をご覧ください。

2)Intellectual Property Rights(知的財産権条項)– 例文②

第三者の知的財産権の侵害クレームについて、ベンダーが販売店を補償しています。

Vendor will indemnify and hold Distributor harmless against any claim or legal action brought by a third party alleging that Distributor’s use or sale of the Products infringes the intellectual property or other proprietary rights of the third party.

(訳):

ベンダーは、販売店による製品の使用若しくは販売が、第三者の知的財産若しくはその他の所有権を侵害する、と主張する第三者による申し立て又は訴訟から、販売店を補償し免責する。

(注):

*indemnify and hold harmlessは、補償し免責するという意味です。詳しくは、indemnify and hold harmlessとは|英文契約書の基本表現をご覧ください

*legal actionは、訴訟、法的手続きという意味です。

3)Intellectual Property Rights(知的財産権条項)– 例文③

第三者による知的財産権の侵害があった場合の対処を定めています。

Each Party agrees to immediately notify the other Party upon becoming aware of any infringement, misappropriation, illegal use or misuse of the Licensed Intellectual Property in connection with Products and provide to the other Party all available evidence of such infringement.

(訳):

各当事者は、製品に関連したライセンスの知的財産の侵害、不正流用、違法使用又は誤用を発見した場合、直ちに相手方に通知し、かかる侵害について、あらゆる入手可能な証拠を相手方に提示することに合意する。

(注):

*infringementは、侵害という意味です。

*misappropriationは、不正流用という意味です。

4)Intellectual Property Rights(知的財産権条項)– 例文④

知的財産権を侵害しないという保証排除しています。

The Company does not warrant that in the use of any documentation and/or other information provided by the Company hereunder, the Company will not infringe any patents or any other intellectual property rights owned by third party.

(訳):

当社は、本契約に基づき当社が提供するいかなる文書若しくはその他の情報の使用について、第三者が保有する特許又はその他の知的財産権を侵害しないという保証を行わない。

(注):

*hereunderは、本契約に基づきという意味です。 詳しくは、 hereto, hereof, herein, hereby, hereunder, herewith, hereinafter|英文契約書の基本表現をご覧ください。

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。迅速かつ低料金で対応いたします。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所