Record Keeping(記録保存条項)

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックの専門事務所です。英文契約書で、記録保存条項として置かれるRecord Keepingについて、とりあげます。併せて、Record Keepingの例文をとりあげ、訳をつけて基本表現に注釈を入れました。

1.解説:

Record Keepingは、英文契約書の記録保存条項のことを意味します。

Record Keeping(記録保存条項)は、Service Agreement(業務委託契約)や License Agreement(ライセンス契約)Manufacturing Agreement(製造委託契約)などの英文契約書のPrincipal Provisions(主要条項)として置かれます。

Record Keeping(記録保存条項)に定められる内容は、以下のようなものになります。

① Service Agreement(業務委託契約)Record Keeping(記録保存条項):

受託先のサービス会社が行うサービス業務の質の維持を狙いとして、そのサービス業務の履行に関する完全な記録の保持と保存期間を規定する内容になります。

② License Agreement(ライセンス契約)Record Keeping(記録保存条項):

ライセンシーが支払うロイヤリティ額の根拠となる正確な記録の保持と保存期間を規定する内容になります。サブライセンスがされる場合は、サブライセンシーの同様の記録保存義務をライセンシーを介して行います。(下記の例文をご覧ください)

③ Manufacturing Agreement(製造委託契約)Record Keeping(記録保存条項):

製造委託先の製造者に、製品の製造に関する完全な記録の保持と保存期間を規定する内容になります。

2.例文:

1)Record Keeping(記録保存条項)– 例文

Record Keeping

Licensee shall keep and shall cause its Sublicensees to keep complete and accurate records in connection with the sale of the Product in sufficient detail to permit accurate determination of all figures necessary for verification of milestone payments and royalties to be paid hereunder. Licensee shall maintain and shall cause its Sublicensees to maintain such records for a period of at least three (3) years after the end of the period for which they were generated, or longer if required by any law or regulation.

(訳):

記録保存

ライセンシーは、自らから、及びサブライセンシー、本契約に基づくマイルストーンの支払いとロイヤリティの検証に必要なすべての数値を正確に決定できるようにするために、製品の販売についての完全かつ正確な記録を保持し、保持させるものとする。 ライセンシーは、自ら、及びサブライセンシー、これらの記録を、作成された期間の終了後少なくとも3年間、または法令で要求される場合はそれよりも長い期間保持し、保持させるものとする。

(注):

*cause ~ to ~は、使役の表現で、~に~をさせるという意味です。

*milestone paymentsは、(販売進捗に応じた)マイルストーンの支払いという意味です。

*if required by any law or regulationは、法令で要求される場合はという意味です。

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックは、当事務所にお任せください。

お問合せ、見積りは無料です。お気軽にご相談ください。迅速かつ低料金で対応いたします。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所