Severability(分離条項)

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェック(レビュー)の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書の 一般条項であるSeverability(分離条項)について解説します。例文と訳をつけました。例文中の基本表現に注記を入れました。

1.解説:

Severability(分離条項)は、英文契約書によく出てくる一般条項です。

契約を結んだとき、その契約の全部は適法であったものの、その後に、たとえば法令改正があったり、裁判所の判例が変更がある場合などに、契約に定められている一部の条項が、その改正法や判例に触れて、効力を失うことがあります。

契約はすでに履行が始まっているにもかかわらず、契約書の中に、無効とされる条項がある場合、その無効な条項により、契約書の全体が無効となるのか、それとも、他の条項には影響がないとするのか、契約当事者間で議論が始まると、取引ができなくなってしまいます。

さらに、契約書の中に、無効な条項により契約書全体が無効となるかについて契約当事者間で議論がある場合は、その契約書に定められている紛争解決条項により判断を得ることもむずかしくなることも考えられます。

Severability(分離条項)は、万が一、契約書の中に無効となる条項がある場合に、その該当する条項のみを無効にして、それ以外の条項を含む契約書全体に影響を与えないようにすることを目的とした契約条項です。

Severability(分離条項)の例文をいくつか、以下に示しました。 

2.例文と基本表現:

(注):いずれの例文でも、”unenforceable“(青字部分)という用語がありますが、これは「法的執行力がない」、「法的強制力がない」という意味です。

(注):基本表現をハイライトしています。

1)Severability(分離条項) ー 例文①:

契約の1つ以上の条項が無効になっても、契約の他の条項に影響を与えません。

In case any one or more of the provisions contained in this Agreement shall for any reason be held to be invalid, illegal or unenforceable in any respect, such invalidity, illegality or unenforceability shall not affect any other provisions of this Agreement, but this Agreement shall be construed as if such invalid or illegal or unenforceable provision had never been contained herein.

(訳):

本契約に含まれる1つ以上の条項が何らかの理由で無効、違法、または法的執行力がないと判断される場合、そのような無効、違法、または法的執行力がない条項は、本契約の他の条項に影響を与えないものとし、本契約は、そのような無効、違法、または法的執行力がない条項が本契約に含まれていなかったかものとして解釈される

(注):

*be held to beは、と判断される、とみなされるという意味です。

*be construedは、解釈されるという意味です。

2)Severability(分離条項) ー 例文②

契約の1つまたは複数の条項が無効であっても、契約の他の条項は、引き続き有効です。

The invalidity or unenforceability of any provision or provisions of this Agreement shall not affect the validity or enforceability of any other provision hereof, which shall remain in full force and effect.

(訳):

本契約の1つまたは複数の条項が、無効または法的執行力がないものであっても、本契約の他の条項は、引き続き完全に効力を維持し、その有効性または法的執行力に影響を与えないものとする。

(注):

*remain in full force and effectは、引き続き完全に効力を維持するという意味です。

3)Severability(分離条項) ー 例文③

契約のいずれかの条項が裁判所や仲裁人により無効と判断されても、契約の他の条項の法的執行力に影響を与えません。

Should any of the provisions of this Agreement be determined to be invalid or unenforceable by a court or arbitrator of competent jurisdiction, it is agreed that such determination shall not affect the enforceability of the other provisions herein.

(訳)

本契約の条項のいずれかが、管轄権を有する裁判所または仲裁人によって無効または法的執行力がないと判断された場合は、その判断が本契約の他の条項の法的執行力に影響を与えないことに合意する。

(注):

*Shouldは、ここでは、~の場合はという意味です。

*a court or arbitrator of competent jurisdictionは、管轄権を有する裁判所または仲裁人という意味です。

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。迅速かつリーズナブルな料金・費用で対応いたします。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所