Confidentiality(秘密保持条項)

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェック(レビュー)の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書の General Provisions(一般条項)のひとつである Confidentiality(秘密保持条項)についてです。いくつかの例文をとりあげて訳をつけました。例文中の基本表現に注記を入れました。

1.解説:

1) Confidentiality(秘密保持条項) とは?

契約を結んだ後に、当事者が契約義務を履行する過程で、相手方に秘密情報を提供することがあります。

また、相手方から秘密情報を受領することもあります。

あるいは、偶然に相手方の秘密情報に触れる機会がある場合もあります。

同じように、偶然に相手方がこちらの秘密情報に接することもありえます。

このような場合に備えて、契約の中で、第三者に漏洩されてしまうと相手方や自己のビジネスに支障のある情報について、秘密に保持する義務を課すことを目的とする契約条項がConfidentiality(秘密保持条項)です。

2) Confidentiality(秘密保持条項) のポイント

Confidentiality(秘密保持条項)の内容は、簡単なものから詳細なものまで、さまざまな規定が見受けられます。

一般的には、以下のような点がポイントになります。

・秘密情報の特定をどうするのか?

・秘密保持義務を当事者双方に課すのか、それとも一方のみに課すのか?

・秘密情報の用途の制限をどうするのか?

・秘密保持義務の例外となる情報の扱いどうするのか?

・秘密保持義務の存続期間をどうするのか?

これらについて、以下の例文と注釈をご覧ください。

2.例文と基本表現:

(注):基本表現をハイライトしています。

1)Confidentiality(秘密保持条項)の例文①

シンプルな内容です。この例文では、相手方のみに、秘密保持義務を課しています。契約の範囲内で提供されるすべての情報を秘密保持の対象にしています。

In the process of cooperation between ABC Company and XYZ Company, Company XYZ shall have strict confidentiality responsibility and obligation to all technical and commercial materials in the scope of cooperation and shall not disclose them to a third party. 

(訳):

ABC会社とXYZ会社の間の協力の過程において、XYZ会社は、協力の範囲内におけるすべての技術資料およびビジネス資料について、厳格な守秘の責任と義務を負い、それらを第三者に開示しないものとする。

(注):

*In the process ofは、の過程においてという意味です。

*in the scope of cooperationは、協力の範囲内においてという意味です。

2) Confidentiality(秘密保持条項)の例文②

所有者である本人が別にいて、当事者は代理の立場です。当事者双方が、秘密保持義務を負います。秘密保持義務の例外が規定されています。

Both ABC Company and XYZ Company represent to another party as the provider and receiver of confidential information in the course of executing the term of this agreement, and thus both parties undertake confidentiality obligations and liabilities. Neither party shall disclose the information of the owner, unless the disclosure is allowed by a written agreement signed by the two parties nor there is clear evidence that proves the information is publicly known.

(訳):

ABC会社とXYZ会社は共に、本契約の期間を履行する過程で、機密情報の開示者および受領者として別の当事者を代理しており、両者は機密保持義務および責任を負う。 両当事者が署名した書面の合意により開示が許可されていない限り、または情報が公に知られていることを証明する明確な証拠がない限り、いずれの当事者も所有者に関する情報を開示してはならない。

(注):

*represent toは、ここでは~を代理するという意味です。

*the provider and receiverは、(機密情報の)開示者および受領者という意味です。

*in the course of executing the term of this agreementは、本契約の期間を履行する過程でという意味です。

*undertakeは、(責任などを)を負うという意味です。

*the disclosureは、開示という意味です。

3) Confidentiality(秘密保持条項)の例文③

秘密情報の特定表示、秘密情報の目的外の使用禁止、契約終了後の秘密情報の返還・破棄が規定されています。

Each party hereby agrees that all information provided by the other party and identified as “confidential” will be treated as such, and the receiving party shall not make any use of such information other than with respect to this Agreement. If the Agreement shall be terminated, each party shall return to the other all such confidential information in their possession, or will certify to the other party that all of such confidential information that has not been returned has been destroyed.

(訳):

各当事者は、他の当事者によって提供され、「機密」として特定されたすべての情報がそのように扱われることに同意し、受領当事者は、本契約に関連する目的以外で、当該情報を使用しないものとする。 本契約が終了する場合、各当事者は、所持するすべての機密情報を相手側に返還するか、または返還されていない機密情報がすべて破棄されたことを相手方に証明するものとする。

(注):

*the receiving partyは、受領当事者という意味です。

*make any use ofは、~を使用するという意味です。

*other thanは、~以外でという意味です。

*with respect toは、に関連するという意味ですが、に関連する目的に意訳しています。  

*in their possessionは、所持するという意味です。

*certify toは、に証明するという意味です。

4) Confidentiality(秘密保持条項)の例文④

雇用契約からです。従業員の秘密保持義務と目的外使用の禁止、秘密保持の存続期間、秘密保持の例外、契約終了時の秘密情報の返却・廃棄が規定されています。

The Employee acknowledges that, in the course of his/her employment with the Company, he/she will receive information from the Company that is of a confidential and proprietary nature (“Confidential Information”), and that disclosure of Confidential Information to third parties would cause harm to the Company. Thus, the Employee agrees that (i) he/she will not disclose Confidential Information to any third party and (ii) he/she will not use Confidential Information for any purpose other than the performance of the Work Duties, unless he/she receives prior written approval for such disclosure/use from a representative of the Company who has the authority to give such an approval. These non-disclosure and limited use obligations shall not apply to Confidential Information that is publicly available at the time of receipt by the Employee from the Company or which becomes publicly available after such receipt by the Employee from the Company through no fault of the Employee. These non-disclosure and limited use obligations shall survive the expiration or termination of this Agreement for a period of 10 years. Upon the expiration or termination of this Agreement for any reason, the Employee shall promptly return to the Company all copies (or permanently delete, in the case of intangible copies) of Confidential Information that may be in his/her possession.

(訳):

従業員は、会社での雇用期間中に、会社から機密情報および専有情報(以下、「機密情報」という。)を受領し、機密情報を第三者に開示することは、会社に損害を与えることを認識する。したがって、従業員は、承認権限を有する会社の担当代表者からの開示/使用に関する事前の書面の承認がない限り、(i)機密情報を第三者に開示しないこと、および(ii)業務の遂行以外の目的で機密情報を使用しないことに合意する。これらの非開示および限定使用の義務は、 従業員が会社から受領した時点で既に公知になっている、または会社から従業員が過失なく受領した後に公知になった機密情報に適用されない。これらの非開示および限定使用の義務は、10年間、本契約の満了または解除後も存続するものとする。何らかの理由で本契約が満了または解除した場合、従業員は、所持している可能性のある機密情報のすべてのコピーを速やかに会社に返却する(無形コピーの場合は完全に削除する)ものとする。

(注):

*of a confidential and proprietary natureは、機密且つ財産的価値のが直訳ですが、その前にinformationがあるので、機密情報および専有情報と意訳しています。

*cause harm toは、に損害を与えるという意味です。

*for any purpose other thanは、以外の目的でという意味です。

*the performance of the Work Dutiesは、業務の遂行という意味です

*a representativeは、代表者という意味です。

*non-disclosureは、非開示という意味です。

*through no fault of the Employeeは、従業員が過失なくという意味です。

*surviveは、存続するという意味です。

*intangibleは、無形のという意味です。

*be in his/her possessionは、(従業員が)所持しているという意味です

英文契約書の作成・翻訳・チェックは、当事務所にお任せください。迅速かつ低料金で対応いたします。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所