No Third Party Beneficiary(第三者利益条項)

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書の 一般条項であるNo Third Party Beneficiary(第三者利益条項)について解説します。いくつかの例文をつけています(訳つき)。例文中の基本表現に注記を入れました。

1.解説:

1)No Third Party Beneficiaryとは

No Third Party Beneficiary(第三者利益条項)は、契約当事者のみに、権利や利益があることを意図したものです。

契約当事者でない第三者が受益者的な立場から、権利を主張することはできない、ということです。

(ご参考): Beneficiary は、受益者という意味です。

契約の締結によって、第三者のために、何らかの権利や利益を創設したり、付与したりするものではないことを明確にすることを目的としています。

この条項をいれておかないと、契約の中で、たとえば、第三者に対して契約当事者が何らかの行為を行うことの記載がある場合に、その第三者から契約に基づいて履行の請求がされた場合に、その第三者(=契約当事者でない)は履行の請求をする権利がないことを契約当事者が主張できない可能性があります。

2)No Third Party Beneficiary(第三者利益条項)の内容

No Third Party Beneficiary(第三者利益条項)で定められる内容には、いくつかのパターンがあります。

以下は、その一例です。

第三者のための利益付与はないことのみを明らかにしたもの。(例文① をご覧ください )

利益を受けない第三者とは誰なのかを明らかにしたもの。(例文②をご覧ください)

利益を受ける第三者とは誰なのか明らかにしたもの。(例文③をご覧ください)

2.例文と基本表現:

(注):No Third Party Beneficiaryの関連表現は、青文字で示し、基本表現をハイライトしています。

1) No Third Party Beneficiary(第三者利益条項) の例文①

第三者の利益の創設を意図しないことを規定しています。シンプルな条文です。

No provision in this Agreement is intended or shall create any rights with respect to the subject matter of this Agreement in any third party. 

(訳):

本契約の規定は、本契約の主題に関する第三者に対する権利を意図し創設するものではない。

(注):

the subject matterは、主題という意味です。

2) No Third Party Beneficiary(第三者利益条項) の例文②

利益を享受しない第三者とは誰なのかを具体的に列挙しています。

No provisions of this Agreement are intended, nor will be interpreted, to provide or create any third party beneficiary rights or other rights of any kind in any client, customer, affiliate, stockholder, member, or partner of any Party hereto or any other person or entity unless specifically provided otherwise herein, and, except as so provided, all provisions hereof will be personal solely between the Parties hereto. 

(訳):

本契約の条項は、本契約において別段の定めがない限り、および別段の定めがある場合を除き、本契約のあらゆる当事者のパートナー、他の者または法人のあらゆる依頼人、顧客、関連会社、株主、メンバーに対し、一切の第三者受益権またはその他一切の権利を提供または創出すると意図され、または解釈されるものではなく、本契約のすべての規定は、本契約の当事者間でのみを対象とする。

(注):

unless specifically provided otherwise hereinは、本契約において別段の定めがない限りという意味です。

except as so providedは、別段の定めがある場合を除きという意味です。except as(~する場合を除いて)so provided(別段の定めがある)の組み合わせです。

be personal solely between the Parties heretoは、本契約の当事者間でのみを対象にという意味です。 

3) No Third Party Beneficiary(第三者利益条項) の例文③

契約の利益を享受する対象は誰なのかを挙げています。

The provisions of this Agreement are for the sole benefit of the Parties and their successors and permitted assigns, and they will not be construed as conferring any rights to any Third Party (including any third party beneficiary rights). 

(訳):

本契約の規定は、当事者、当事者の承継人および認められた譲受人に対する利益のみを対象としており、第三者第三者の受益者の権利を含む)に権利を付与するものとは解釈されない。

(注):

their successorsは、当事者の承継人という意味です。

permitted assignsは、認められた譲受人という意味です。

conferring any rightsは、権利を付与するという意味です。

4) No Third Party Beneficiary(第三者利益条項) の例文④

No person not a party to this Agreement shall have or enjoy any rights hereunder and all third-party beneficiary rights are expressly negated. Without limiting the generality of the foregoing, no one other than Borrower shall have any rights to obtain or compel a disbursement of proceeds of the Loan hereunder. 

(訳):

本契約の当事者ではない者は、本契約に基づく権利を有したり享受したりすることはなく、第三者の受益者の権利はすべて明示的に無効となる上記の一般原則を制限することなく、借主以外の誰も、本契約に基づく貸付金の収益の支払いを取得または強制する権利を有しないものとする。

(注):

enjoyは、享受するという意味です。

negatedは、無効となるという意味です。

Without limiting the generality of the foregoingは、上記の一般原則を制限することなくという意味です。

disbursementは、支払いという意味です。

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。迅速かつ低料金で対応いたします。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所