Relationship of the Parties(当事者の関係条項)

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェック(レビュー)の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書の 一般条項である Relationship of the Parties(当事者の関係条項)についてです。 いくつかのサンプル例文と訳をつけていますので、ご参考にしてください。例文中の基本表現に注釈を入れました。

1.解説

1) Relationship of the Parties (当事者の関係条項)とは

Relationship of the Parties(当事者の関係条項)とは、契約を結んでも、契約当事者の双方ともに、独立の当事者の関係であることを明確にすることを目的とする契約条項です。

一方当事者が、他方当事者の代理人とされたり、各当事者が、パートナーシップやジョイントベンチャーを構成する組合員となるものでなくお互いに相手方当事者に対して、何らかの代理権を与えるものでないことを明確にします。

こうすることで、予期しない義務や債務を負担するリスクを避ける狙いがあります。

Relationship of the Parties(当事者の関係条項)の規定は、Sales Contract(売買契約)、Service Agreement(サービス委託契約)Distribution Agreement(販売店契約)、Joint Venture Agreement(合弁契約)、Consulting Agreement(コンサルタント契約)などで、幅広く使用されます。

2)他方当事者に一定の権限を与える場合のやり方

契約の内容自体が、一定の権限を他方当事者に与える内容を含む場合には、以下のいずれかのやり方が可能です。

① Relationship of the Parties(当事者の関係条項)いれない。

② Relationship of the Parties(当事者の関係条項)修正して、「本契約に定める権限以外の権限を与えない」とするの旨の規定を設ける。

3) Relationship of the Parties (当事者の関係条項)の名称

Relationship of the Parties(当事者の関係条項)は、他に、Independent Contractors(独立した契約者)、Independent parties(独立した当事者)などの見出し条項で表示されたり、これらの表現が条項の中で使われたりすることもあります。(以下の例文②例文③をご覧ください)

2.例文と基本表現

(注):Relationship of the Parties等は、青文字で示し、基本表現をハイライトしています。

1)Relationship of the Parties (当事者の関係条項) - 例文①

契約当事者の関係は、資産についての売主と買主のみであることを確認しています。

Purchaser and Seller acknowledge and agree that the relationship established between the parties pursuant to this Contract is only that of a seller and a purchaser of property. Neither Purchaser nor Seller is, nor shall either hold itself out to be, the agent, employee, joint venturer or partner of the other party. 

(訳):

買主と売主は、本契約に従って当事者間に確立された関係が、資産について売主と買主のみの関係であることを確認し合意する。買主も売主も、相手方の代理人、従業員、合弁事業者またはパートナー組合員として振る舞ってはならない。

(注):

*acknowledge and agreeは、確認し合意するという意味です。

*hold itself out to beは、~として振る舞うという意味です。

2)Relationship of the Parties (当事者の関係条項) - 例文②

債権回収会社は、independent contractors(独立した契約者)であり、当事者を代理しません。

The Servicer is an independent contractor and, except for the services which it agrees to perform hereunder, the Servicer does not hold itself out as an agent of any other party hereto. Nothing herein contained shall create or imply an agency relationship among Servicer and any other party hereto, nor shall this Agreement be deemed to constitute a joint venture or partnership between the parties. 

(訳):

債権回収会社は、独立した契約者であり、本契約に基づき履行に同意するサービスを除き、債権回収会社は、本契約の他の当事者の代理人としての地位を保持しない。 本契約に含まれるものは、債権回収会社と本契約の他の当事者との間で、代理関係構築又は示唆するものではなく、本契約は、両当事者間の合弁事業又はパートナーシップを構成するものではない。

(注):

*create or imply 構築又は示唆するという意味です。

*constituteは、構成するという意味です。

3)Relationship of the Parties (当事者の関係条項) - 例文③

当事者の関係は、independent contractors(独立した契約者)です。

The relationship of the parties under this Agreement is that of independent contractors. Nothing contained in this Agreement is intended or is to be construed so as to constitute the parties as partners, joint venturers, or either party as an agent or employee of the other. Neither party has any express or implied right under this Agreement to assume or create any obligation on behalf of or in the name of the other, or to bind the other party to any contract, agreement or undertaking with any Third Party, and no conduct of the parties shall be deemed to infer such right. 

(訳):

本契約に基づく当事者の関係は、独立した契約者の関係とする。 本契約に含まれるいずれの内容も、パートナー、合弁事業者または相手方の代理人もしくは従業員として、当事者を構成することを意図もしくは解釈されるものでない。 いずれの当事者も、本契約に基づいて、相手方の代理人としてまたは相手方の名前で、義務を引き受けたり設けたり、第三者との契約、合意または約束を義務付けたりするいかなる明示的または黙示的な権利も有しておらず、 当事者のいかなる行為も、かかる権利の推測とみなされない。

(注):

*is intended or is to be construedは、意図もしくは解釈されるという意味です。

*any express or implied rightは、明示的または黙示的な権利という意味です。

*assume or create any obligationは、義務を引き受けたり設けたりするという意味です。

*on behalf of or in the name of the otherは、相手方の代理人としてまたは相手方の名前でという意味です。

be deemed to infer such rightは、be deemed to(~とみなされる)infer such right(かかる権利を推測する)で、かかる権利の推測とみなされると訳しています。

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。リーズナブルな料金・費用で承ります。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所