Counterparts(副本条項)

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(全国対応)英文契約書の 一般条項である Counterparts(副本条項)について解説します。いくつか例文をとりあげて、要点と対訳と語注をつけました。

1.解説:

1)日本語契約書の署名

日本語契約書では、当事者の数にあわせて、その数の正本を作成して、それぞれの正本に、当事者の全員が署名します。

2)海外での英文契約書の署名

英文契約書の署名も、日本語契約書と同じであり、このやり方が基本です。

ただし、国や地域をまたぐ海外取引の場面では、英文契約書を締結する際に、当事者が全員で署名するのが困難であったり、署名に時間がかかるため、この手間を少なくするために、英文契約書でCounterparts(副本条項)を設けるケースが多くなります。

3)Counterparts(副本条項)とは

Counterparts(副本条項)を入れた英文契約書では、複数の当事者のために、同じ内容の写しであるcounterparts(副本)が用意されて、それぞれのcounterparts(副本)に各当事者が署名します。

つまり、counterparts(副本)には、各当事者のみが署名し、当事者全員の署名は入らないことになります。

そして、Counterparts(副本条項)では、各当事者により署名されたcounterparts(副本)は、original(正本)と同じく契約書としての効力があることを確認します。

4)original(正本)とcounterparts(副本)

契約書は、当事者の数にあわせて、最低2通以上、作成され締結されます。

そして、それらの契約書は、最初に作成された1通のoriginal(正本)と、その写しである1通以上のcounterparts(副本)から構成されます。

original(正本)も、counterparts(副本)も、それぞれ、当事者の適格な契約締結権限のある代表者によってサインされている限り、契約としての効力に違いはなく同じです。

だだし、サインされた契約書をコピーしたもの(=サインが本物でなくコピーしたもの)は、 counterparts(副本)としては扱われません。

2.例文と基本表現:

(注):基本表現をハイライトしています。

1) Counterparts(副本条項) の例文①

標準的な例文です。各部の副本が正本とみなされ、それぞれが証書として証明力を持ちます。

This Agreement may be executed in two or more counterparts, each of which will be deemed an original, but all of which together will constitute one and the same instrument.

(訳):

本契約は、それぞれが正本とみなされる2通以上の副本で締結することができるが、それらは全部あわせて唯一の同じ証書を構成する。

(注):

be deemed は、みなされるという意味です。

all of which togetherは、all of which(それらは全部と、together(あわせてで、それらは全部あわせてという意味です。

instrument は、証書(契約書)を意味します。

2) Counterparts(副本条項) の例文②

必要な数の副本を作って締結でき、それぞれが契約として有効となります。

This Agreement may be executed in any number of counterparts, all of which shall be considered one and the same agreement.

(訳):

本契約は、任意の数の副本で締結することができ、それらは全部唯一の同じ契約とみなされるものとする。

(注):

in any number of counterpartsは、任意の数の副本でという意味です。

3) Counterparts(副本条項) の例文③

サインされた複数の副本は、いずれも、正本と証明力は同じであることを確認しています。

This Agreement shall become binding when any one or more counterparts of it, individually or taken together, shall bear the signatures of each of the Parties hereto. This Agreement may be executed in any number of counterparts, each of which shall be an original as against either Party whose signature appears thereon, but all of which taken together shall constitute but one and the same instrument.

(訳):

本契約は、いずれか1通以上の副本が、個別又はまとめて、本契約の各当事者の署名がある場合に拘束力を持つものとする。 本契約は、任意の部数の副本にて締結することができる。各副本は、署名が表示されたいずれかの当事者に対する正本となるが、すべてをまとめたものは、全部唯一の同じ証書を構成するものとする。

(注):

bear the signatures of each of the Parties heretoは、bear the signatures(署名があると、of each of the Parties hereto(本契約の各当事者ので、本契約の各当事者の署名があるという意味です。

each of which shall be an original as against either Party whose signature appears thereonは、each of which(各副本と、shall be an original(正本となると、as against(に対すると、either Party whose signature appears thereon(署名が表示されたいずれかの当事者から成り、各副本は、署名が表示されたいずれかの当事者に対する正本となるという意味です。

all of which taken togetherは、すべてをまとめたものという意味です。

constitute but one and the same instrumentは、constitute(を構成すると、but one and the same(全部唯一のinstrument(証書から成り、全部唯一の同じ証書を構成するという意味です。

4) Counterparts(副本条項) の例文④

遠隔地の当事者のために、ファックスで送信して、これにサインした副本も有効であるとするものです。(このように確認した条項があれば、ファックスでのサインも有効となります。)

This Agreement may be executed by facsimile signature and in one or more counterparts, all of which shall be considered one and the same agreement and shall become effective when one or more counterparts have been signed by each of the parties and delivered to the other parties.

(訳):

本契約は、ファクシミリの署名により、1通以上の副本で締結することができるが、そのすべてが全部唯一の同じ契約とみなされ、 1通以上の副本が各当事者によって署名され、他の当事者に配信されたときに、効力を持つものとする。

(注):

all of which shall be considered one and the same agreementは、all of which(そのすべてが全部と、shall be considered(とみなされる)と、one and the same agreement(唯一の同じ契約から成り、そのすべてが全部唯一の同じ契約とみなされるという意味です。

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。

納品後1年間は、契約締結が完了するまで追加費用なしで、サポートいたします。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

ホームページ