Definitions(定義条項)

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェック(レビュー)の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書の一般条項である Definitions(定義条項)についてです。併せて、例文をとりあげ対訳をつけました。例文中の基本表現に注記を入れました。

1.解説:

英文契約書では、それぞれの契約の種類によって、用語の意味が、重要な意味を持ちます。

たとえば、 Non-Disclosure Agreement(秘密保持契約書)Technology License Agreement(技術ライセンス契約)について見てみます。

Non-Disclosure Agreement(秘密保持契約書)の場合:

Confidential Information(秘密情報)とは、どこまでの範囲の情報なのかの定義が、きわめて重要となります。

Technology License Agreement(技術ライセンス契約)の場合:

Licensed Technology(ライセンスされる技術)の定義があいまいであっては、契約自体がリスキーとなり、争いの種となるおそれがあります。

Definitions(定義条項)は、双方の契約当事者の間で、用語の意味を正確にして、解釈に食い違いがおきないようにするためのものです

ちなみに、上記の二つの英文契約書の例では、 Confidential Information(秘密情報) や、 Licensed Technology(ライセンスされる技術)については、その用語の定義が非常に重要ですので、通常、長い説明が入ります。

2.例文と基本表現:

(注):以下の例文①~例文④は、いずれもDefinitions(定義条項)の冒頭の部分です。本来は、この後に、用語を定義するため、以下のような規定が続きます。

1.1 “Product” means “xx”.

1.2 “Territory” means “xx”

例文①~例文④では、 この用語の定義部分が省略されていますので、ご承知おきください。

(注):基本表現をハイライトしています。

1) Definitions(定義条項) の例文①

シンプルな規定です。

For the purposes of this Agreement, the following terms shall have the meanings set forth below:

(訳):

本契約の解釈上、以下の用語は、以下に規定する意味を有するものとする。

(注):

*set forth は、規定するという意味です。

2) Definitions(定義条項) の例文②

基本契約と本契約の二つの契約がある場合に、大文字の用語は、基本契約の定義に従うとするものです。

Unless otherwise defined herein, capitalized terms used herein have the meanings assigned to them in the Master Agreement.

(訳):

本契約で使用されている大文字の用語は、本契約で別途定義されていない限り、基本契約で定義する当該用語の意味を有する。

(注):

*Unless otherwise defined hereinは、本契約で別途定義されていない限りという意味です。

*capitalized termsは、大文字の用語という意味です。

3) Definitions(定義条項) の例文③

基本契約と本契約があり、大文字の用語は基本契約の定義とし、それ以外の用語は本契約で定義されます。

Capitalized terms used and not otherwise defined herein that are defined in the Master Agreement shall have the meanings given such terms in the Master Agreement. As used in this Agreement, the following terms shall have the following meanings:

(訳):

基本契約で定義され、本契約で別段定義されていない大文字の用語は、基本契約で定義する当該用語の意味を有するものとする。本契約で使用される以下の用語の意味は、次のとおりとする。

(注):

*not otherwise defined hereinは、本契約で別段定義されていないという意味です。

*the Master Agreementは、基本契約という意味です。

4) Definitions(定義条項) の例文④

本契約とステートメント(表明)の二つがあり、大文字の用語は、本契約で定義されます。

Whenever used in this Agreement, including in the Preliminary Statement, the following capitalized terms, unless the context otherwise requires, shall have the meanings specified in this Article.

(訳):

以下の大文字の用語は、 事前のステートメントを含めて、本契約で使用される場合は、文脈上別段の解釈が必要としない限り、本条で規定する意味を有するものとする。

(注):

unless the context otherwise requiresは、 文脈上別段の解釈が必要としない限りという意味です。

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。迅速かつリーズナブルな料金・費用で対応いたします。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所