Remedies(救済条項)

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェック(レビュー)の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書の General Provisions(一般条項)のひとつである Remedies(救済条項)について解説します。併せて、Remedies(救済条項)の例文をとりあげて対訳をつけ、例文中の基本表現には注記を入れました。

1.解説:

1)Remedies(救済条項)とは

Remedies(救済条項)とは、一方当事者に、契約の不履行があったことが原因により、他方当事者が損害を受けた場合の救済措置について定めた契約条項です。

他方当事者の受けた損害の内容が、common law(コモンロー上の救済措置であるmoney damages(金銭賠償)のみでは、充分な回復が見込めない場合に、契約不履行を行った当事者に、equity (エクイティ:衡平法)上の救済措置であるinjunctive relief(差止命令による救済)specific performance(特定履行)を行うことを裁判所が命じるものです。

2)common law(コモンロー)とequity (エクイティ:衡平法)の違い

英米法には、 common law(コモンロー)equity ( エクイティ: 衡平法)の二つの法体系があります。 

両者の主な違いは、損害を受けた当事者に対するremedy(救済策)の違いにあります。

詳しくは、remedy at law と remedy in equity|英文契約書の基本表現をご覧ください。

3)equity (エクイティ:衡平法)上の救済措置とは

equity (エクイティ:衡平法)上の救済措置には、injunctive relief(差止命令による救済)specific performance(特定履行)があります。

injunctive relief(差止命令による救済)

裁判所の命令で、債務不履行を行った当事者に、特定の行為を行わせるか、または違法もしくは不当な行為の禁止を強制するものです。

specific performance(特定履行)

裁判所が、特定の行為を命じることにより、契約内容の履行を強制するものです。

2.例文と基本表現:

(注):基本表現をハイライトしています。

1)Remedies(救済条項)の例文と基本表現

Remedies

Each of the parties hereto acknowledges and agrees that, in the event of any breach of any covenant or agreement contained in this Agreement by the other party, money damages may be inadequate with respect to any such breach and the non-breaching party may have no adequate remedy at law. It is accordingly agreed that each of the parties hereto shall be entitled, in addition to any other remedy to which they may be entitled at law or in equity, to seek injunctive relief and/or to compel specific performance to prevent breaches by the other party hereto of any covenant or agreement of such other party contained in this Agreement.

(訳):

救済条項

本契約の各当事者は、相手方が本契約の誓約または合意事項に違反した場合、かかる違反に対する金銭的損害賠償では不充分なものがあり、違反を被った当事者充分な法的救済を受けれない可能性があることを確認し合意する。 これに応じて、本契約の各当事者は、当該当事者が権利を有するコモンロー若しくは衡平法上の他の救済策に加えて、差止命令による救済を求め、および/または他の当事者による本契約の誓約若しくは合意事項の違反を防ぐために、特定履行を強制する権利を有することに合意する。

(注):

*heretoは、本契約のという意味です。

*acknowledges and agreesは、確認して合意するという意味です。詳しくは、acknowledgeの意味と使い方|英文契約書の基本表現をご覧ください。

*any covenant or agreementは、誓約または合意事項という意味です。

*the non-breaching partyは、違反を被った当事者という意味です。

*adequate remedy at lawは、充分な法的救済という意味です。

*at law or in equityは、コモンロー若しくは衡平法上のという意味です。

*seek injunctive reliefは、差止命令による救済を求めるという意味です。

*compel specific performanceは、特定履行を強制するという意味です。

2) Remedies(救済条項)の例文基本表現

Remedies

Each of the parties to this Agreement will be entitled to enforce its rights under this Agreement specifically, to recover damages and costs (including attorney’s fees) caused by any breach of any provision of this Agreement and to exercise all other rights existing in its favor. The parties hereto agree and acknowledge that money damages may not be an adequate remedy for any breach of the provisions of this Agreement and that any party may in its sole discretion apply to any court of law or equity of competent jurisdiction (without posting any bond or deposit) for specific performance and/or other injunctive relief in order to enforce or prevent any violations of the provisions of this Agreement.

(訳):

救済条項

本契約の各当事者は、本契約に基づく権利を個別に行使する権利、本契約の条項の違反に起因した損害及び費用(弁護士費用を含む)を回収する権利、及び本契約上の他の一切の権利を行使する権利を有する。 本契約の当事者は、金銭的損害賠償が本契約の条項の違反に関して十分な救済とならない可能性があること、及び各当事者がその独自の裁量により、本契約の条項の違反の是正若しくは防止のために、特定履行又はその他差止命令による救済に関して、(担保若しくは保証金の預託なしに)管轄権を有するコモンロー又は衡平法の裁判所の適用に服する権利を有することを合意し確認する。

(注):

*enforce its rights under this Agreement specificallyは、本契約に基づく権利を個別に行使するという意味です。

*exercise all other rightsは、他の一切の権利を行使するという意味です。

*in its sole discretionは、その独自の裁量によりという意味です。

*any court of law or equity of competent jurisdictionは、管轄権を有するコモンロー又は衡平法の裁判所という意味です。

*specific performance and/or other injunctive reliefは、特定履行又はその他差止命令による救済という意味です。

英文契約書の作成・翻訳・チェックは、当事務所にお任せください。迅速かつ低料金で対応いたします。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所