Term/Duration(契約期間条項)

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書の 一般条項である Term/Duration(契約期間条項)について解説いたします。いくつかの例文をとりあげ、訳をつけました。例文中の基本表現には注記を入れました。

1.解説:

1)Term/Duration(契約期間条項)とは

契約期間は、TermとかDuration と呼ばれます。

Term/Duration(契約期間条項)は、契約期間、つまり、契約が有効となる契約の始期と終期を定義する条項です。

2)契約期間の設定方法

契約期間の設定方法には、たとえば、以下のようなものがあります。

・契約期間の始期と終期として、それぞれ特定日を設定するもの。

・契約期間の始期から、一定期間を契約期間とするもの。

解除通知がない限り、契約期間は継続して有効とするもの。

3)契約期間の更新

Term/Duration(契約期間条項)は、一定期間の契約期間をもって終了とさせる場合があります。(例文③ご覧ください)

あるいは、Term/Duration(契約期間条項)に、契約期間の更新を定めるやり方があります。

実際には、一定の契約期間で終了とするよりも、契約期間の更新を定めるケースが多く見られるようです。(例文①例文②例文④例文⑤例文⑦をご覧ください)

契約期間の更新を定める場合は、その更新の条件も、以下のように、さまざまなやり方があります。

両当事者契約更新の権利を有するもの。(例文①例文②をご覧ください)

一方当事者のみ契約更新の権利を有するもの。

・当事者の事前の通知がなければ自動更新とするもの。(例文④例文⑤例文⑦をご覧ください)

両当事者の協議または合意で契約更新とするもの。(例文①例文②をご覧ください)

(ご参考):

Term/Duration(契約期間条項)で、契約期間の更新を定めた場合、条項のタイトルにTerm and Renewal(契約期間と更新)という名称がつけられることがあります。詳しくは、Term and Renewal(契約期間の更新条項)の意味と例文をご覧ください。

4)Termination(契約解除条項)と Survival(存続条項)

Term/Duration(契約期間条項)と密接に関係するものとして、Termination(契約解除条項)Survival(存続条項)がありあります。

Termination(契約解除条項)Survival(存続条項) は、別個の条項でなく、 Term/Duration(契約期間条項)の中に、組み込まれていることも多くあります。

Termination(契約解除条項):

一定の事由の発生により、契約期間の満了を待たずに、途中で解除させるものです。詳しくは、こちらをご覧ください:Termination(契約解除条項)|英文契約書の一般条項

Survival(存続条項):

契約期間が満了した場合や、契約が途中で解除された場合に、効力を残しておくべき義務などの内容を規定するものです。詳しくは、こちらをご覧ください:Survival(存続条項)|英文契約書の一般条項

Term/Duration(契約期間条項) は、さまざまなバリエーションがあります。以下に、いくつかの例文を示しました。

2.例文と基本表現:

(注):基本表現をハイライトしています。

1)Term/Duration(契約期間条項)の例文①

契約期間1年間で、当事者の合意による1年づつの更新です。

This Agreement shall continue in force for a period of one year from the date hereof. Thereafter, the term may be renewed for an unlimited number of successive one-year terms upon mutual consent of the parties.

(訳):

本契約は、本契約の日付から1年間有効とする。 その後、期間は、当事者の相互の合意により、回数の制限なしに更に1年間の期間づつ更新することができる。

(注):

from the date hereofは、本契約の日付からという意味です。

renewed for an unlimited number of successive one-year termsは、回数の制限なしに更に1年間の期間づつ更新するという意味です。

2)Term/Duration(契約期間条項)の例文②

10年の契約期間で、当事者の合意により延長できます。

This Agreement shall be effective from the Effective Date for a period of ten (10) years. Thereafter, the term may be extended by mutual agreement of the Parties.

(訳):

本契約は、発効日から10年間有効とする。その後は、当事者の相互の合意により契約期間を延長することができる。

(注):

Thereafterは、その後はという意味です。

3)Term/Duration(契約期間条項)の例文③

当事者のすべての義務履行の完了日を契約の終了日としています。

This Agreement shall become effective as of the Effective Date and terminate upon the date that all obligations of the parties hereto with respect to this Agreement have been satisfied.

(訳):

本契約は、発効日から発効し、本契約に関する当事者のすべての義務が履行された日に終了するものとする。

(注):

all obligations of the parties hereto with respect to this Agreement have been satisfiedは、all obligations of the parties hereto(本契約の当事者のすべての義務と、with respect to this Agreement(本契約に関すると、have been satisfied(満足された)で、本契約に関する当事者のすべての義務が履行されたと訳しています。

4)Term/Duration(契約期間条項)の例文④

1年の契約期間と1年毎の自動更新ですが、中途解除を認めています。

The term of this Agreement initially shall be the one year period commencing on the Effective Date. On the first anniversary of the Effective Date and on each subsequent anniversary of the Effective Date, the term of this Agreement automatically shall be extended for a period of one additional year. Notwithstanding the foregoing, the term of this Agreement is subject to termination as provided in Section 10.

(訳):

本契約の当初の期間は、発効日から1年間とする。発効日から最初の1年後の応当日及び発効日から以降の1年後の応当日に、本契約の期間は自動的にさらに1年間延長されるものとする。上記にかかわらず、本契約の期間は、第10条の規定に従って解除することができる。

(注):

the first anniversary of the Effective Dateは、発効日から最初の1年後の応当日という意味です。

each subsequent anniversary of the Effective Dateは、発効日から以降の1年後の応当日という意味です。

Notwithstanding the foregoingは、上記にかかわらずという意味です。

5)Term/Duration(契約期間条項)の例文⑤

4年間の契約期間で、当事者の解除通知がなければ3年の更新です。

This Agreement shall be in effect from the Effective Date hereof and continue for an initial term of four years (“Term”). This Agreement shall be renewed for consecutive three-year Terms unless either party gives notice of its intent to terminate the Agreement at least 30 days prior to the expiration of the applicable term.

(訳):

本契約は、本発効日から有効となり、最初の4年間(以下「期間」という。)継続する。本契約は、いずれかの当事者が、該当期間が満了する少なくとも30日前に契約を解除する意思を通知しない限り、更に3年間の条件で更新される。

(注):

at least 30 days prior to the expiration of the applicable termは、該当期間が満了する少なくとも30日前にという意味です。

6)Term/Duration(契約期間条項)の例文⑥

24か月前の解除通知がない限り、契約は有効に存続します。

This Agreement shall remain in effect until cancelled by either party hereto, upon not less than 24 months prior written notice to the other party.

(訳):

本契約は、本契約の一方の当事者が、24か月以上前の相手方への書面通知にて解除されるまで有効に存続する。

(注):

upon not less than 24 months prior written noticeは、24か月以上前の相手方への書面通知にてという意味です。not less than は、~以上を意味します。

7)Term/Duration(契約期間条項)の例文⑦

60日前の通知がない限り、1年毎の自動更新です。

This Agreement shall be effective from the Effective Date for an initial term of two (2) years. Thereafter, it shall be automatically renewed for successive one (1) year renewal terms unless either Party provides notice of non-renewal to the other Party at least sixty (60) days prior to the end of the initial term or any subsequent renewal term.

(訳):

本契約は、発効日から最初の2年間有効とする。 その後、一方の当事者が、当初の期間又はその後の更新期間の末日の少なくとも60日前に、他方当事者に更新しない旨の通知をしない限り、更に1年間づつ自動的に更新されるものとする。

(注):

notice of non-renewalは、更新しない旨の通知という意味です。

the end of the initial term or any subsequent renewal termは、当初の期間又はその後の更新期間の末日という意味です。

 

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。迅速かつ低料金で対応いたします。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所