Termination Without Cause(正当事由のない解除の条項)

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックの専門事務所です。(全国対応)電話:042-338-2557 宇尾野行政書士事務所

英文契約書に置かれるTermination Without Cause(正当事由のない解除の条項)について解説します。例文に対訳をつけ、例文中の基本表現には注記を入れました。

1.解説:

1)Termination Without Cause(正当事由のない解除の条項)とは

Termination Without Cause(正当事由のない解除の条項)とは、契約不履行や契約違反がない場合でも解除できることを合意した規定です。

典型的なのは、〇〇日以上前に通知すれば(充分な通知期間をおいて)、理由の如何に関わらず、契約を解除することができると合意するような内容です。

2)Termination Without Cause(正当事由のない解除の条項)が使われる例

国内の契約書では、一方的な契約解除は、不利な契約とされて、控える傾向があります。

しかし、海外では、一方的な解除を認めた英文契約書も多く見られます。

よくあるのは、ひとつの英文契約書の中に、契約解除について、

Termination for Cause(正当事由による解除の条項)

Termination Without Cause(正当事由のない解除の条項

の二つを区別して、両方を規定しているものです。

訴訟や損害賠償責任を回避するために、Termination Without Cause(正当事由のない解除の条項)が意図的に追加されたりします。

Termination Without Cause(正当事由のない解除の条項)は、代わりに、Termination for Convenience(都合による解除の条項)と呼ばれることもあります。

Termination Without Cause(正当事由のない解除の条項)は、契約に明示的に規定されている場合にのみ有効です。

下記にあげたTermination Without Cause(正当事由のない解除の条項)の例文は、当事者双方に、事由のない解除権を認めているものです。

一方、当事者の一方に不利な内容の契約の場合は、一方当事者のみに事由のない解除権を認めるものもあります。

たとえば、以下のような契約です。

・販売店側に最低購入数量が設定されている非独占的な販売店契約で、当事者が販売店の場合。

・ライセンシーにミニマムロイヤリティが課されているライセンス契約で、当事者がライセンシーの場合。

2.例文と基本表現:

1)Termination Without Cause(正当事由のない解除の条項)– 例文①

with or without cause(理由の有無にかかわらず)がキーワードです。

Termination without Cause. Either party may terminate this Agreement, with or without cause, by delivering written notice of termination to the other party, and, unless a later date is specified in such notice, termination shall be effective ninety (90) days after the date such notice is given.

(訳):

いずれの当事者も、理由の有無にかかわらず、相手方に書面による解除通知を送付することにより本契約を解除することができ、通知に特定の後日が指定されていない限り、解除は、当該通知の日付から90日後に有効になるものとする。

(注): 

*Either partyは、いずれの当事者という意味です。 

*with or without causeは、理由の有無にかかわらずという意味です。 

*delivering written notice of terminationは、解除通知を送付してという意味です。

2)Termination Without Cause(正当事由のない解除の条項)– 例文②

without cause(理由を問わず)がキーワードです。

Termination Without Cause. This Agreement may be terminated by either party upon 90 days written notice given at any time during the initial or any renewal term without cause and without any further liabilities or obligations hereunder (except with respect to liabilities and obligations arising prior to such termination which shall survive termination of this Agreement).

(訳):

本契約は、いずれかの当事者により、90日前の書面による通知で、理由を問わず、かつ本契約に基づく何ら債務または義務なしに、当初の期間または更新期間中いつでも解除することができる(本契約の解除前に発生した、かかる解除後も存続する債務および義務に関する場合を除く)。

(注): 

*the initial or any renewal termは、当初の期間または更新期間という意味です。

*without causeは、理由を問わずという意味です。

*liabilities or obligationsは、債務または義務という意味です。 

*survive termination of this Agreementは、本契約の解除後も存続するという意味です。

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックは、当事務所にお任せください。

お問合せ、見積りは無料です。お気軽にご相談ください。迅速かつ低料金で対応いたします。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所