General Provisions(一般条項)について

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェック(レビュー)の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

1.解説 - General Provisions(一般条項)とは

英文契約書には、日本語の契約書と同様に、様々なものがあります。

たとえば、Sales Contract(売買契約)、Service Agreement(サービス委託契約)、Distribution Agreement(販売店契約)、Lease Agreement(賃貸借契約)、Joint Venture Agreement(合弁契約)、License Agreement(ライセンス契約)、Manufacturing Agreement(製造委託契約)、Asset Purchase Agreement (事業譲渡契約)、Non-Disclosure Agreement(秘密保持契約)、などです。

そして、これらの英文契約書の中で記載される条項は、おおむね、以下の二種類に区分されます。

①契約の種類にかかわらず、共通して規定される一般的な条項 

②各契約の種類ごとに、固有に規定される独特な条項

General Provisions(一般条項)は、上記①をいいます。 

英文契約書の種類にかかわらず、各契約に共通して規定される一般的な条項のことです。

そして、上記②の各契約の種類ごとに、固有に規定される独特な条項は、Principal provisions (主要条項)といわれます。

General Provisions(一般条項)の見出しは、代わりに “General Terms”とか“Miscellaneous” と記載されたりもします。

あるいは、General Provisions(一般条項)のことを、通称で、 “Boilerplate Provisions”(ボイラープレート条項)と呼んだりします。

ただし、これらGeneral Provisions(一般条項)の見出し条項が、英文契約書の中で、使われることがあれば、使われないこともあります。

2.General Provisions(一般条項)の条項の例:

General Provisions(一般条項)として規定される条項には、以下のようなものがあります。

Definitions(定義)

Termination(契約解除)

Term/Duration (契約期間)

Force Majeure(不可抗力条項)

Assignment(譲渡制限)

Non-Competition(競業避止条項)

Confidentiality(秘密保持)

Governing Law(準拠法)

Dispute(紛争解決)

Jurisdiction(管轄)

Arbitration(仲裁)

Notices(通知)

Amendments(修正・変更)

Entire Agreement(完全合意)

Relationship of the Parties(当事者の関係)

Limitation of Liability(責任制限)

Indemnification(補償)

Waiver(権利放棄)

Set-off(相殺条項)

Time of Essence(時間厳守)

Headings(表題)

Counterparts(副本条項)

Language(言語)

No Third Party Beneficiary(第三者利益)

Remedies(救済)

Severability(分離)

Survival(存続)

3.General Provisions(一般条項)と Principal provisions (主要条項)の区別について:

General Provisions(一般条項)Principal provisions (主要条項)の区分は、絶対的なものではなく、便宜的なものです。

General Provisions(一般条項)が英文契約書によく使われる一般的な条項、Principal provisions(主要条項)が特定の英文契約書に使われる独特な条項、とご理解ください。

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。リーズナブルな料金・費用で承ります。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所