Uniform Commercial Code(UCC:米国統一商事法典)について

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書の作成に重要となるUniform Commercial Code(UCC:米国統一商事法典)について、とりあげます。

1)Uniform Commercial Code(UCC:米国統一商事法典)とは

米国では、各州が制定する州法基本法となっています。そのため、州と州の間では、異なる法律が存在しています。

そこで、ビジネスが複数の州をまたぐ場合に、各州の企業が互いにビジネスを行いやすくするために制定されたのが、Uniform Commercial Code(UCC:米国統一商事法典)です。

現在、Uniform Commercial Code(UCC:米国統一商事法典) は、米国のほとんどの州において、米国のモデル商事法典として、とりいれられて運用されています。

2)Uniform Commercial Code(UCC:米国統一商事法典)の構成内容

以下の構成になっています。

第1編 General Provisions(一般規定)

第2編  Sales and Leases(売買とリース)

*このパートが、特に英文契約書に関係します。(次の3)で解説)

第3編  Negotiable Instruments(流通証券)

第4編 Bank deposits(銀行預金)

第5編 Letters of credit(信用状)

第6編 Bulk sales(一括売買)

第7編 Warehouse receipts, bills of lading, and other documents of title(倉庫証券、運送証券その他の権原証券)

第8編 Investment securities(投資証券)

第9編 Secured transactions(担保取引)

3) Uniform Commercial Code(UCC:米国統一商事法典)と英文契約書との関係

米国企業を相手として英文契約書を結ぶにあたっては、 Uniform Commercial Code(UCC:米国統一商事法典) の理解が重要となります。

英文契約書 の内容や解釈に特に影響するのが、Uniform Commercial Code(UCC:米国統一商事法典)第2編 Sales and Leases(売買とリース)の部分です。

Uniform Commercial Code(UCC:米国統一商事法典)第2編 Sales and Leases(売買とリース) においては、契約一般について、以下にように、詳しく規定しています。

・契約と商人の定義

・契約の成立

・契約当事者の義務

・契約の解釈

・債権者と善意取得者の権利

・契約の履行

・契約の解除

・売主と買主の権利

・債務不履行

債務不履行に対する救済

Uniform Commercial Code(UCC:米国統一商事法典)第2編 Sales and Leases(売買とリース)で、英文契約書に特に関係する以下の部分は、本ブログでも解説しています。(リンクしいます)

第2編313条. Express Warranties (明示の保証)

第2編314条. Implied Warranty: Merchantability(商品性の黙示の保証)


第2編315条. Implied Warranty: Fitness for Particular Purpose(特定目的の適合性の黙示の保証)


第2編316条. Exclusion of Warranties(保証の排除)

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。リーズナブルな料金・費用で承ります。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所