Power of Attorney(委任状)とProxy(委任状)

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書に関係する用語であるPower of Attorneyについて解説します。似た用語のProxyについても解説します。

1.Power of Attorneyとは

Power of Attorneyとは、委任状のことを意味します。

委任状とは、本人が一定の事項の手続きや処理の権限を、第三者に委任したことを証明する書面のことをいいます。 

Power of Attorney(委任状)は、略してPOAと呼ばれます。

また、別名でLetter of Attorney(委任状)とも呼ばれます。

2.PrincipalとAgent

Power of Attorney(委任状)で、権限を委任する側の者Principal(本人)といいます。

一方、本人から権限の委任を受けて、本人に代わって委任行為を行う者Agent(代理人といいます。

Agent(代理人)は、本人が指名すれば、弁護士である必要はなく、一般人もなることができます。

なお、Agent(代理人は、Attorney-in-fact(代理人とも呼ばれます。

3.Power of Attorneyの内容

Power of Attorney(委任状)の中身は、以下のようになります。

日本の委任状とほぼ同じですが、英文の委任状の場合、準拠法の項目がはいります。

①Principal(本人)氏名、住所

②Agent(代理人)氏名、住所

③Agent(代理人)に与えられる委任事項、権限の具体的な内容

④Power of Attorney(委任状)有効期間

⑤Power of Attorney(委任状)準拠法(国や州)

Principal(本人)の署名

Agent(代理人)の署名

Notary Public(公証人)によるNotarization(公証)*米国の場合です。

4.Power of Attorneyの種類

Limited Power of Attorney:

限定委任状と呼ばれます。権限の範囲を限定的に指定して、代理人にあたえるものです。

General Power of Attorney:

全権委任状とか包括委任状と呼ばれます。限定的な行為の権限でなく、広範囲な強い権限を代理人にあたえるものです。

Durable Power of Attorney :

永続的委任状と呼ばれます。General Power of Attorneyより更に強い権限が代理人に与えられ、万が一、本人が無能力となった場合でも、持続的な効力を持つ委任状です。

5.英文契約書と委任状

契約書を締結する者が代表取締役でない場合に、会社を代表して契約書を締結する権限を有しているのかを確認するために、相手方から、Power of Attorney(委任状)提出してもらうことは有効な手立てとなります。

6.Proxyについて

Power of Attorneyとよく似た用語に、Proxyがあります。

Proxyは、株主総会で議決権を行使するために代理出席する者に発行される委任状のことをいいます。

そして、Proxy(委任状)によって、株主総会に代理出席する者も、Proxy(代理人)と呼ばれます。

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。リーズナブルな料金・費用で承ります。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所