shall not preclude(~を妨げない)の解説と例文

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書で、~を妨げないを意味する表現であるshall not precludeについて解説します。 併せて、例文をとりあげ対訳をつけました。例文中の基本表現には注釈を入れました。

1.解説:

1)precludeとは

precludeは、妨げる除外するという意味です。

英文契約書では、precludeは、多くの場合、shall not precludeの表現で使われます。

shall not precludeで、~を妨げないという意味を表します。

なお、shall not preclude~を妨げないと同様の意味をもつ表現に、without prejudice toがあります。

2)shall not preclude~を妨げないの使い方

shall not preclude~を妨げないは、Termination(契約解除条項)や、Remedies(救済条項)や、Waiver(権利放棄条項)などで、よく使用されます。

使い方は以下のとおりです。(青字部分)

Termination(契約解除条項):  

相手方が契約の重要な規定に違反した場合、当事者は契約を解除できるが、救済策を行使することを妨げない(下記の例文①をご覧ください)

Remedies(救済条項)

法律や契約に基づく当事者の救済策の行使は、排他的なものではなく、利用可能な他の救済策を行使することを妨げない。(下記の例文②をご覧ください)

Waiver(権利放棄条項)

法律や契約に基づく単独の権利等の行使は、それ以外の他の権利等の行使を妨げない。(下記の例文③をご覧ください)

2.例文と基本表現:

(注):shall not precludeは、青文字で示し、基本表現をハイライトしています。

1)shall not preclude(~を妨げない)– 例文①と基本表現:

Termination(契約解除条項)からです。相手方が契約の重要な規定に違反した場合、当事者は契約を解除できますが、救済策を行使することを妨げません。

Either Party may terminate immediately and without prior notice if the other Party is in breach of any material provision of this Agreement, but such termination shall not preclude any other legal or equitable remedy available to the terminating Party.

(訳):

いずれの当事者も、他方当事者が本契約の重要な規定に違反した場合、事前の通知なしに直ちに解除することができるが、かかる解除は、解除者が利用できるその他の法的または衡平上の救済を妨げない。

in breach of any material provisionは、重要な規定に違反するという意味です。

equitable remedyは、衡平上の救済という意味です。詳しくは、remedy at law(コモンローによる救済 )と remedy in equity (エクイティによる救済)をご覧ください。

2)shall not preclude(~を妨げない)– 例文②と基本表現:

Remedies(救済条項)からです。契約や法令に基づく当事者の救済策の行使は、排他的なものではなく、利用可能な他の救済策を行使することを妨げません。

Except as expressly provided in this Agreement, a party’s exercise of any right or remedy under this Agreement or under applicable law is not exclusive and shall not preclude such party from exercising any other right or remedy that may be available to it.

(訳):

本契約で明示的に規定される場合を除き、本契約または適用法令に基づく当事者による権利もしくは救済策の行使排他的なものではなく、かかる当事者が利用できる他の権利もしくは救済策を行使することを妨げない。

Except as expressly provided in this Agreementは、本契約で明示的に規定される場合を除きという意味です。

a party’s exercise of any right or remedyは、当事者による権利もしくは救済策の行使という意味です。

is not exclusiveは、排他的なものではないという意味です。

3)shall not preclude(~を妨げない)– 例文③と基本表現:

Waiver(権利放棄条項)からです。法律や契約に基づく単独の権利等の行使は、他の権利等の行使を妨げません。

The single or partial exercise of any right, power or remedy provided by law or under this Agreement shall not preclude any other or further exercise of it or the exercise of any other right, power or remedy.

(訳):

法律もしくは本契約に基づいて規定される権利、権限もしくは救済の単独もしくは部分的な行使は、それ以外の行使またはその他の権利、権限もしくは救済の行使を妨げない。

The single or partial exerciseは、単独もしくは部分的な行使という意味です。

 

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックは、当事務所にお任せください。

お問合せ、見積りは無料です。お気軽にご相談ください。迅速かつ低料金で対応いたします。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所