hereto, hereof, herein, hereby, hereunder, herewith, hereinafterの意味と例文

英文と日本語のビジネス契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(低料金、全国対応)

英文契約書の基本表現のhereto, hereof, herein, hereby, hereunder, herewith, hereinafter を解説します。例文をとりあげ、対訳と語注をつけました。

1.解説

1)hereto, hereof, herein, hereby, hereunder, herewithの構成

hereto, hereof, herein, hereby, hereunder, herewithは、まず、hereの部分が、thisを意味します。

そして、this の対象が何を指すかによって、this agreement(本契約)とか this document(本文書、本書類)など、となります。

その対象が、this agreement(本契約)の場合、それぞれ to, of, in, by, under, with が接続される構成になっています。

したがって、hereto, hereof, herein, hereby, hereunder, herewithは、それぞれ、以下のような意味となります。

2)hereto, hereof, herein, hereby, hereunder, herewithの意味

・hereto は、to this agreement となり、これ(本契約)に、これ(本契約)のを意味します。(下記の例文①をご参照ください。)

・hereof は、 of this agreement となり、これ(本契約)のを意味します。 (下記の例文②をご参照ください。)

・herein は、in this agreement となり、 この(本契約)の中に、これ(本契約)にを意味します。 (下記の例文③をご参照ください。)

・hereby は、by this agreement となり、これ(本契約)によりを意味します。 (下記の例文④をご参照ください。)

・hereunder は、under this agreement となり、 これ(本契約)に従って、これ(本契約)に基づきを意味します。 (下記の例文⑤をご参照ください。)

・herewith は、with this agreement となり、 これ(本契約)により、これ(本契約)に従ってを意味します。 ( 下記の例文⑥をご参照ください。)

なお、hereinafterは、 hereinafter referred to as ~(以下、~という)の組み合わせで表現されます。 (文例⑦をご参照ください。)

2.例文と基本表現 

(注):hereto, hereof, herein, hereby, hereunder, herewithは、青文字で示し、基本表現をハイライトしています。

1)heretoの例文 ①:

This agreement constitutes the entire agreement between the parties hereto with respect to all the matters herein. 

(訳):

本契約は、本契約のすべての事項に関して、本契約の両当事者間の完全な合意事項を構成する

(注):

*constitutesは、~を構成するという意味です。詳しくは、constituteの意味と例文をご覧ください。

*the partiesは、両当事者という意味です。

2)hereofの例文 ②:

This Agreement embodies the entire understanding of the Parties as it relates to the subject matter hereof. 

(訳):

本契約は、本契約の対象事項に関連して、両当事者の完全な理解を具体化する

(注):

*embodiesは、~を具体化するという意味です。

*the subject matterは、対象事項、主題という意味です。詳しくは、subject matterの意味と例文をご覧ください。

3)hereinの例文 ③:

The company shall not be liable for any costs or expenses paid or incurred by Consultant in performing services for the company, unless specific exception is provided herein.

(訳):

当社は、本契約に特定の例外が規定されていない限り、当社に対しサービスを履行する際にコンサルタントが支払い、または負担する費用については、責任を負わないものとする。

(注):

*any costs or expensesは、費用という意味です。同義語を並べた強調表現です。

*is providedは、規定されるという意味です。

4)herebyの例文 ④ :

The company hereby disclaim all warranties express, implied or statutory including, without limitation, any warranty of merchantability or fitness for a particular use.

(訳):

当社は、本契約により商品適格性または特定の用途への適合性の保証を含むがこれらに限定されない明示的、黙示的、または法定のすべての保証を否認する。

(注):

*including, without limitationは、を含むがこれらに限定されないという意味です。詳しくは、including, but not limited to/including, without limitationの意味と例文をご覧ください。

*merchantabilityは、商品適格性(製品が意図する目的に適合し適格である)という意味です。詳しくは、implied warrantyとexpress warrantyの意味と例文の記事をご覧ください。

*fitness for a particular useは、特定の用途への適合性という意味です。詳しくは、fitness for a particular purpose(特定目的の適合性)の意味と例文をご覧ください。

5)hereunderの例文 ⑤ :

All of the obligations of the Guarantor hereunder shall be joint and several.

(訳):

本契約に基づき保証人のすべての義務は、連帯して負うものとする。

(注):

*be joint and severalは、連帯して負うという意味です。詳しくは、jointly and severallyの意味と例文をご覧ください。

6)herewithの例文 ⑥ :

The aggrieved party is entitled to elect to hold the party liable for breach of contract in accordance herewith, or hold the party liable for tort in accordance with any other relevant law.

(訳):

損害を受けた当事者は、本契約に従って、当事者に契約違反の責任を負わせるか、他の関連法に従って、当事者に不法行為の責任を負わせるかを選択する権利を有する。

(注):

*The aggrieved partyは、損害を受けた当事者という意味です。

*tortは、不法行為という意味です。詳しくは、tortの意味と例文をご覧ください。

7)hereinafterの例文 ⑦ :

Client and the Developer shall hereinafter collectively be referred to as the “Parties” and individually as the “Party”.

(訳):

クライアントと開発者は、以下、総称して「両当事者」といい、個々に「当事者」という

(注):

*collectivelyは、総称してという意味です。詳しくは、collectivelyの意味と例文をご覧ください。

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。

納品後1年間は、契約締結が完了するまで追加費用なしで、サポートいたします。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

ホームページ