without prejudice toの意味と例文

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書の基本表現である”without prejudice to”についてです。併せて、例文をとりあげ対訳をつけました。例文中のその他の基本表現に注記を入れました。

1.解説:

without prejudice to”は、Termination(契約解除条項)でよく使われる表現です。

without prejudice to”は、~の権利を害することなく~に影響を及ぼすことなく~を妨げることなく、などと訳されます。

prejudice”は、日常生活では「偏見」の意味です。

法律用語としては”prejudice”は、「不利益 」や「権利侵害」の意味に使われます。

without prejudice to”は、権利や救済手段に影響を与えることなく、というように権利保護を目的によく使われます、

以下は、Termination(契約解除条項)から、二つの例文です。

2.例文と基本表現

(注):without prejudice toは、青文字で示し、基本表現をハイライトしています。

without prejudice to例文①:

当事者は、相手方が債務を支払えない場合、通知をして、他の権利と救済に影響を及ぼすことなく、契約を解除できます。

Either party shall be entitled to terminate this Agreement without prejudice to its other rights and remedies forthwith by notice in writing to the other party, if the other party is unable to pay its debts

(訳):

いずれの当事者も、相手方が債務を支払うことができない場合、相手方に書面で通知することにより、他の権利と救済に影響を及ぼすことなく、本契約を直ちに解除する権利を有する

(注):

*be entitled toは、権利を有するという意味です。

*forthwith は、日常的にはあまり聞きませんが、英文契約書で使われます。直ちにの意味です。

*by notice in writing to the other partyは、相手方に書面で通知することによりという意味です。

without prejudice to例文②:

当事者は、相手方に通知することにより、他の権利や救済手段に影響を及ぼすことなく、契約を解除できます。

Either party may, without prejudice to any other rights or remedies, terminate this Agreement by giving notice to the other party with immediate effect.

(訳):

いずれの当事者も、相手方に通知を行うことにより、他の権利または救済手段に影響を及ぼすことなく、本契約を解除することができ、解除の効果は直ちに生じる。

(注):

*by giving notice toは、に通知を行うことによりという意味です。

*with immediate effectは、(催告なしに)直ちに効果が生じるという意味です。

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。リーズナブルな料金・費用で承ります。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所