WITNESSETH, WHEREAS, NOW, THEREFORE, in consideration of|英文契約書の基本表現

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェック(レビュー)の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書の基本表現である“WITNESSETH”, ”WHEREAS”,  ”NOW”, “THEREFORE”, “in consideration of”について、とりあげます。併せて、例文をとりあげ対訳をつけました。例文中の他の基本表現に注記を入れました。

1.解説:

これら五つの表現は、英文契約書の冒頭の部分において一緒に使われることが多いです。

①WITNESSETH:

WITNESSETH” は、「(本契約は)以下の~を証する」を意味します。

なお、”WITNESSETH“と似た意味の表現に”Recitals“(「契約の背景・経過」)があります。 ”WITNESSETH“は、”Recitals“に置き換えて使用することもできます。

②WHEREAS:

WHEREAS“は、“as”と同じ意味であり、「~なので」と訳されます。

③NOW, THEREFORE:

NOW, THEREFORE ~”は、「よって、ここに~」の意味です。

④in consideration of:

in consideration of ~”は、「~を約因として」と訳されます。

ちなみに、”consideration”(「約因」)は、英米法に特有な表現で、これがない契約は、拘束力がないとされています。

(ご参考): “in consideration of ~” は、「~の対価として」の意味で使われることもあります。(例文②をご覧ください)

(ご参考): “WHEREAS”,  ”NOW”, “THEREFORE” は、以下の記事の中でも、英文契約書を構成する “WHEREAS Clause” として、とりあげています。

英文契約書の基本知識 - 英文契約書の構成(structure of contract )

2.例文と基本表現:

(注):例文中の“WITNESSETH”, ”WHEREAS”,  ”NOW”, “THEREFORE”, “in consideration of”は、青文字で示し、基本表現をハイライトしています。

1) “WITNESSETH”, ”WHEREAS”,  ”NOW”, “THEREFORE”, “in consideration of” の例文①

これら“WITNESSETH”, ”WHEREAS”,  ”NOW”,  ”in consideration of ”による記載の形式は、英文契約書の冒頭に見られます。

以下は、Confidential Agreement (「秘密保持契約書」)での例文です。

W I T N E S S E T H :

WHEREAS, the Parties wish to exchange certain information which may be confidential and proprietary to a disclosing Party, subject to the terms and conditions hereinafter set forth.

NOW, THEREFORE, in consideration of the foregoing premise and mutual covenants hereinafter contained, the Parties hereby agree as follows:

(訳):

本契約は、以下を証する

両当事者は、以下に規定される条件に従って、開示当事者にとって機密であり専有的な特定の情報を交換したいと考えている。

したがって上記の前提と以下に含まれる相互の約定事項を約因として、両当事者は以下のとおり合意する。

(注):

*proprietaryは、専有的なという意味です。

*hereinafter set forthは、以下に規定されるという意味です。

*the foregoingは、上記のという意味です。

*covenant“は、約定、合意という意味です。

2) “in consideration of ~” ~の対価としての例文②

技術ライセンス契約のロイヤリティ支払いの例文です。

In consideration of the licenses and other rights granted by Licensor hereunder, Licensee shall pay Licensor royalties on its sales of the Royalty Products as described in Exhibit.

(訳):

ライセンサーによって許諾されているライセンスおよびその他の権利の対価として、ライセンシーは、別紙に記載のとおり、ロイヤリティ製品の販売について、ライセンサーに対し、ロイヤリティを支払うものとする。

(注):

*grantedは、許諾されているという意味です。

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。迅速かつ低料金で対応いたします。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所