consequential damagesとpunitive damages|英文契約書の基本表現

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェック(レビュー)の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書で損害に関する表現であるconsequential damagespunitive damagesについて解説します。例文をとりあげ訳をつけました。例文中の他の基本表現に注記を入れました。

1.解説:

1)consequential damageとは

当事者に契約上の義務違反があった場合に、損害を受けた当事者が受けることのできる救済策としての損害の賠償請求は、まずは、direct damages(直接損害)の範囲です。

しかし、direct damages (直接損害) を超えた損害が発生し、その損害の発生を証明できる場合、損害の賠償額が高額になる可能性があります。

consequential damages

direct damages (直接損害) を超えた損害のことをいい、結果的損害とか派生的損害と呼ばれます。

2)direct damages(直接損害)を超える損害

direct damages(直接損害)を超える損害として、consequential damages(結果損害、派生的損害)と並んで、以下のようなものがあります。

indirect damages:

間接損害と呼ばれます。

special damages:

特別損害と呼ばれます。

incidental damages:

付随損害と呼ばれます。

これらについては、損害の賠償請求が高額になることを防ぐため、Limitation of Liability(責任制限条項において、consequential damages(結果損害、派生的損害)と併せて、排除されることが多くあります。

3)punitive damagesについて

懲罰的損害賠償制度のある米国で、punitive damagesが裁判所から言い渡されることがあり、損害の賠償額が非常に高額になる可能性があります。

punitive damages:

懲罰的損害と訳されます。exemplary damagesとも呼ばれます。

(ご参考):下記の例文③Limitation of Liability (責任制限条項) をご覧ください。 punitive damages(懲罰的損害)も排除しています。

4)consequential damagesの使い方

これらconsequential damages等の損害の表現は、Limitation of Liability(責任制限条項)で使われます。(以下の例文①から例文③をご参照ください)

(ご参考):Limitation of Liability (責任制限条項)については、英文契約書の一般条項と例文Limitation of Liability(責任制限)条項をご覧ください。

2.例文と基本表現:

(注):consequential damages等は、青文字で示し、基本表現をハイライトしています。

1)consequential damages(結果損害、派生的損害) の例文 ①

Limitation of Liability (責任制限条項)からです。consequential damages等の損害については、責任を負いません。

Neither party to this Agreement shall be liable for any consequential, indirect, special or incidental damages under any provision of this Agreement or for any consequential, indirect, penal, special or incidental damages arising out of any act or failure to act hereunder even if that party has been advised of or has foreseen the possibility of such damages. 

(訳):

本契約のいずれの当事者も、本契約の条項に基づく結果的、間接的、特別もしくは付随的な損害、または本契約に基づく行為または不履行に起因する結果的、間接的、刑事的、特別もしくは付随的な損害について、当該当事者が、そのような損害の可能性について通知されているか、予測していたとしても、責任を負わないものとする。

(注):

*arising out of any act or failure to actは、arising out of(に起因するany act or failure to act(行為または不履行で、行為または不履行に起因するという意味です。

*been advised of or has foreseenは、been advised of(通知されているhas foreseen(予測していた)で、通知されているか、予測していたという意味です。

2)consequential damages(結果損害、派生的損害) の例文 ②

Limitation of Liability (責任制限条項)からです。consequential damages等の損害については、責任を負いません。

NEITHER PARTY WILL BE LIABLE FOR ANY LOSS, INDIRECT, SPECIAL, CONSEQUENTIAL or INCIDENTAL DAMAGES OF ANY KIND (INCLUDING LOST PROFITS) REGARDLESS OF FORM OR THEORY OF LAW OR OTHERWISE EVEN IF IT HAS BEEN ADVISED OF THE POSSIBILITY. 

(訳):

いずれの当事者も、法の形式または理論またはその他の形に関係なく、あらゆる種類の損失、間接損害、特別損害、結果損害または付随的損害逸失利益を含む)について、その可能性が通知されている場合でも、責任を負わない。

(注):

*LOST PROFITSは、逸失利益という意味です。

*FORM OR THEORY OF LAWは、法の形式または理論という意味です。

*OR OTHERWISEは、またはその他の形(やり方)という意味です。

3)consequential damages(結果損害、派生的損害) の例文 ③

Limitation of Liability (責任制限条項)からです。consequential damages等に加え、punitive damage(懲罰的損害)も責任を負いません。

The parties hereto expressly acknowledge and agree that no party hereto shall have any liability under any provision of this Agreement for any punitive, incidental, consequential, special or indirect damages, including business interruption, loss of future revenue, profits or income, or loss of business reputation or opportunity relating to the breach or alleged breach of this Agreement. 

(訳):

本契約の当事者は、本契約の違反もしくは違反の申し立てに関連して、事業の中断、将来の収益、利益もしくは収入の損失、またはビジネス上の評判もしくは機会の損失を含む、懲罰的、付随的、結果的、特別または間接的な損害については、本契約の条項に基づく責任を負わないことを明示的に認識し合意する

(注):

*expressly acknowledge and agreeは、明示的に認識し合意するという意味です。

*the breach or alleged breachは、違反もしくは違反の申し立てという意味です。

 

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。迅速かつ低料金で対応いたします。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所