as isとas is where isの意味と例文

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書の保証条項で使われるas is、as is where is、with all faultsの表現について解説します。いくつかの例文に訳をつけています。例文中の他の基本表現に注記を入れました。

1.解説:

1)as isとは

as isは、売買取引の英文契約書において、目的物のwarranty(保証条項)で用いられる表現です。

as isは、 中古製品不動産などの売買において、売主による品質保証がない状態で、目的物や物件を引き渡すことを意味します。 

売主は、目的物に不具合があっても責任を負わないことになるので有利となりますが、買主にとっては、慎重な判断が求められる取引となります。

通常、as isは、現状有姿でとか現状ありのままでと訳されます。

as is(現状有姿で)は、このまま単独の表現(例文②をご覧ください)でも、次に解説する組み合わせの表現でも用いられます。

2)WHERE ISとwith all faults

 

as is(現状有姿で)は、以下のような形で、WHERE IS(現状のままで)with all faults(あらゆる不具合のついた状態で、不具合を問わない状態で)と組み合わせて表現されることも多いです。

with all faults(あらゆる不具合のついた状態で、不具合を問わない状態で)はきつい表現ですが、法的には、as isだけの場合と効力は同じです。(例文③をご覧ください)

(組み合わせの表現の例):

“AS IS”, with all faults:

不具合を問わず、現状有姿でと訳されます。(例文①をご参照ください)

“AS IS, WHERE IS” :

as isと同じです。 現状有姿でと訳されます。(例文③をご参照ください)

ON AN “AS IS, WHERE IS” BASIS:  

ON AN “AS IS, WHERE IS” BASISは、単にON AN “AS IS” BASISと表現されることもあります。現状有姿のままの状態でとか、現状有姿の引渡し条件でと訳されます。(例文④をご参照ください)

なお、warranty(保証条項)には、大文字の表記が多く見られます。

相手に不利になる部分は、明確に書くことを規定しているUniform Commercial Code(UCC:米国統一商事法典)を考慮しているためです。

2.例文と基本表現:

(注):as isの関連表現は、青文字で示し、他の基本表現をハイライトしています。

1)“AS IS”, with all faultsの例文 ①:

AS ISwith all faultsの組み合わせの表現(不具合を問わず、現状有姿で)で使われています。

The execution and delivery of this Lease by Tenant shall be conclusive evidence, as against Tenant, that Tenant accepts the Premises AS IS”, with all faults.

(訳):

賃借人による本賃貸借契約の締結は、賃借人に対して、賃借人が、不具合を問わず「現状有姿で」、本不動産を受け入れる確定的な証拠とする。

(注):

*The execution and deliveryは、(契約の)締結という意味です。類語による強調表現です。

2)as is の例文 ②:

as is(現状有姿で)が単独で使用されています。

Except as specifically provided in this Contract, Seller makes no representations or warranties to Buyer with respect to the condition of the Property and Buyer shall take title to the Property in its “as is” condition as of the date of Closing.  

(訳):

本契約で個別に規定されている場合を除き、売主は物件の状態に関して、買主に対し一切の表明保証を行わず、買主は、締結日時点の「現状有姿」の状態で、物件の所有権を取得するものとする。

(注):

*Except as specifically provided inは、で個別に規定されている場合を除きという意味です。

*makes no representations or warrantiesは、一切の表明保証を行わないという意味です。

*take title toは、の所有権を取得するという意味です。

3)AS IS, WHERE ISとWITH ALL FAULTSの例文 ③:

AS IS, WHERE IS(現状有姿で)WITH ALL FAULTS(不具合を問わない)の組み合わせで使われています。

Subject to the express representations and warranties of Seller set forth in this Agreement and in the documents executed and delivered by Seller in accordance with this Agreement, the Property is being sold in an “AS IS, WHERE IS” condition and “WITH ALL FAULTS” as of the date of this Agreement and of Closing.  

(訳):

本契約と本契約に基づき売主が締結し交付する文書に規定される売主の明示の表明保証に従い、本物件は、本契約日付および締結日現在の「現状有姿のまま」ならびに「不具合を問わない」状態で売買される。

(注):

*Subject to the express representations and warrantiesは、明示の表明保証に従ってという意味です。

*set forth inは、に規定されるという意味です。

4)ON AN “AS IS, WHERE IS” BASISの例文 ④:

ON AN “AS IS, WHERE IS” BASIS( 現状有姿のままの状態で)が使われています。

BUYER ACKNOWLEDGES THAT AS A MATERIAL CONDITION OF THE TRANSACTIONS CONTEMPLATED BY THIS AGREEMENT, BUYER IS ACQUIRING THE PROPERTY ON AN “AS IS, WHERE IS” BASIS EXCEPT AS OTHERWISE EXPRESSLY PROVIDED IN THIS AGREEMENT.   

(訳):

買主は、 本契約で明示的に規定される場合を除き本契約で予定されている取引の重要な条件として、「現状有姿のまま」の状態で物件を取得することを確認する。

(注):

*MATERIALは、重大な、重要なという意味です。以下をご参考にしてください:material breachとは|英文契約書の基本表現

*CONTEMPLATED BY THIS AGREEMENTは、本契約で予定されている、本契約で想定されているという意味です。

*EXCEPT AS OTHERWISE EXPRESSLY PROVIDED INは、で明示的に規定される場合を除きという意味です。 

 

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。リーズナブルな料金・費用で承ります。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所