adverseとadverselyの意味と例文

英文と日本語のビジネス契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(低料金、全国対応)

英文契約書で使われる用語のadverseadverselyについて解説します。例文をとりあげ、要点と対訳をつけました。例文中の基本表現に語注をつけました。

1.解説:

1)adverseとadverselyとは

adverseは、英文契約書では、通常、

(効果が)反対の、不利な

という意味で用いられます。

adverselyは、

(効果が)反対に、不利に

という意味で使用されます。

2)関連表現

以下は、英文契約書でよく使われるadverseadverselyを使った関連表現です。

adverse effect:悪影響

material adverse effect:重大な悪影響*

*material adverse effect(重大な悪影響)は、Termination (契約解除条項)でよく用いられる表現です。(下記の例文①をご覧ください)

reflect adversely on:~に悪影響を及ぼす

(下記の例文③をご覧ください)

3)adverseとadverselyの使い方

以下のように使われます。(青字部分)

『売主は、買主の所有権に不利な(adverse)請求から、買主を補償する』(下記の例文②をご覧ください)

『ライセンシーは、ライセンサーのビジネスに悪(adversely)影響を及ぼす方法でライセンス名を使用してはならない』 (下記の例文③をご覧ください)

『機密情報の違反で重大な悪影響(material adverse effect)があり是正されない場合、当事者に通知し、契約は直ちに終了する』 (下記の例文①をご覧ください)

2.例文と基本表現:

(注):上記で解説したadverseadverselyとその関連表現は青文字で示しています。

(注):他の基本表現をハイライトし語注をつけています。

1)adverseとadversely – 例文①

Termination (契約解除条項)からです。当事者に重大違反があると、相手から書面通知後30日、機密情報の違反で重大な悪影響があるときは14日以内に是正されないと、契約は、当事者に通知し直ちに終了します。

This Agreement may be terminated by either Party immediately upon notice to the other Party if such other Party commits a material breach of any of the material provisions of this Agreement, and such breach is not cured within thirty (30) days after written notice of such breach is received from the non-breaching Party, except that the time period shall be fourteen (14) days for breaches in respect of Confidential Information that result or are reasonably likely to result in a material adverse effect on the non-breaching Party.

(訳):

本契約は、他の当事者が本契約のいずれかの重要な条項につき重大な違反を犯した場合、非違反当事者から当該違反の書面通知を受領してから30日以内に是正されない場合、機密情報に関する違反により非違反当事者重大な悪影響を及ぼす又は合理的にその可能性が高いときは14日間とする場合を除き、他の当事者への通知により直ちに終了する。

(注):

*immediately upon notice to the other Partyは、他の当事者への通知により直ちにという意味です。

*commits a material breachは、重大な違反を犯すという意味です。

*the material provisionsは、重要な条項という意味です。

*cureは、是正するという意味です。詳しくは、cureの意味と例文をご覧ください。

*the non-breaching Partyは、非違反当事者という意味です。

in respect ofは、~に関するという意味です。in respect ofと同様の意味を持つ表現に、

・with respect to

・respecting

・with regard to

・regarding

・pertaining to

・concerning

・in relation to

があります。これらは便利な表現なのでよく使われます。

*result or are reasonably likely to result in a material adverse effectは、重大な悪影響を及ぼす又は合理的にその可能性が高いという意味です。

2)adverseとadversely – 例文②

Indemnification (補償条項)からです。売主は、買主の所有権に不利な請求から、買主を補償するものとします。

Seller will indemnify and defend Buyer against claims or liens adverse to Buyer’s ownership of Buyer’s Property except those that result from the acts or omissions of Buyer.

(訳):

売主は、買主の作為または不作為に起因するものを除き、買主の所有権不利な請求または担保権から買主を補償し防御するものとする。

(注): 

*indemnify and defend~against~は、~から~を補償し防御するという意味です。

*liensは、英米法の担保権という意味です。詳しくは、lienの意味と例文をご覧ください。

*ownershipは、所有権という意味です。他にも、所有権を表す契約用語として、

・title

・proprietary right

があります。

*result fromは、~に起因するという意味です。result fromと同様の意味を持つ契約表現である、

・arising from(~に起因する)

・arising out of(~に起因する)

もよく使われます。

*the acts or omissionsは、作為または不作為という意味です。詳しくは、act or omissionの意味と例文をご覧ください。

3)adverseとadversely – 例文③

ライセンス契約からです。ライセンシーは、ライセンサーのビジネスに影響を及ぼすような方法でライセンス名を使用できません。

The Licensee shall not by any act or omission use the Licensed Name in any manner that disparages or reflects adversely on Licensor or its business or reputation.

(訳):

ライセンシーは、作為若しくは不作為によって、ライセンサー又はライセンサーのビジネス若しくは評判に傷をつけたり又は影響を及ぼすいかなる方法でもライセンス名を使用してはならない。

(注):

*by any act or omissionは、作為若しくは不作為によってという意味です。

*in any mannerは、いかなる方法でもという意味です。英文契約書では、権利や義務の範囲に漏れがないようにする表現が使われます。前述のby any act or omission(作為若しくは不作為によって)もそうです。

*disparagesは、~に傷をつけるという意味です。

reflects adversely onは、~に悪影響を及ぼすという意味です。

 

英文契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。迅速かつ低料金で対応いたします。

お問合せ、見積りはお気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所