applicable lawの意味と例文

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェック(レビュー)の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書の準拠法適用法令に関する表現であるapplicable lawについて、とりあげます。 併せて、例文をとりあげ対訳をつけました。例文中の他の基本表現に注記を入れました。

1.解説:

1)applicable lawとは

applicable lawは、二つの意味があります。

ひとつは、契約に関して争いが生じたような場合に、契約の解釈の基準となる法律について、どこの国の法律を適用させるかを取り決める条項を意味する準拠法です。

もうひとつは、文字通り、契約の具体的な場面で、どの法律が適用となるかを意味する適用法令です。

2)applicable law(準拠法、適用法令)が使われる場面

applicable law準拠法適用法令のどちらを意味するのかは、使われる場面により異なります。以下をご覧ください。

Applicable Law(準拠法条項)

この場合、applicable lawは、準拠法の意味で使われます。

通常は、Governing Law(準拠法条項)の見出し条項が多いのですが、Applicable Law(準拠法条項)の見出しで表示されることもあります。(下記の例文①をご覧ください)

Compliance with Law(法令遵守条項)

この場合、applicable lawは、適用法令の意味となります。

当事者は、すべてのapplicable law(適用法令)を遵守する、という内容で使われます。(下記の例文②をご覧ください)

Warranty Disclaimer(保証の排除条項)

この場合も、applicable lawは、適用法令の意味となります。

applicable law(適用法令)が認める場合を除き、保証は排除される(保証はしない)、という内容で使われます。(下記の例文③をご覧ください)

Confidentiality(秘密保持条項)

この場合も、applicable lawは、適用法令の意味となります。

秘密情報を受領した当事者は、applicable law(適用法令)が認める限度で開示できる、という内容で使われます。(下記の例文④をご覧ください)

Payment Terms(代金支払い条項)

この場合も、applicable lawは、適用法令の意味となります。

代金の支払い遅れについて、applicable law(適用法令)が認める限度の遅延利息の利息率が適用される、という内容で使われます。

2.例文と基本表現:

(注):applicable lawは、青文字で示し、基本表現をハイライトしています。

1)applicable law(準拠法)– 例文①

Applicable Law(準拠法条項)からです。見出し条項のApplicable Lawが、準拠法の意味で使われています。

Applicable Law

This Agreement shall be governed by and construed in accordance with the internal laws of the State of California, without giving effect to the conflicts of laws provisions thereof.

(訳):

準拠法

本契約は、法の抵触の規定を適用せずに、カリフォルニア州法に準拠し、これに従って解釈されるものとする。

(注):

*be governed by and construed in accordance withは、に準拠し、これに従って解釈されるという意味です。

*the conflicts of lawsは、法の抵触という意味です。詳しくは、Governing Law(準拠法条項)|英文契約書の一般条項をご覧ください。

2)applicable law(適用法令)– 例文②

Compliance with Law(法令遵守条項)からです。当事者は、すべての適用法令を遵守しなければなりません。

Compliance with Law

Each Party shall comply with all applicable laws and regulations (including but not limited to the anti-bribery related laws and regulations), instructions and guidance of the competent authorities throughout the term of this Agreement.

(訳):

法令遵守

各当事者は、本契約の有効期間中、すべての適用法令贈収賄防止に関連する法令を含むがそれらに限らない)並びに管轄当局の指示及び指導を遵守するものとする。

(注):

*including but not limited toは、~を含むがそれらに限らないという意味です。詳しくは、including, but not limited to / including, without limitation|英文契約書の基本表現をご覧ください。

*anti-briberyは、贈収賄防止という意味です。

*the competent authoritiesは、管轄当局という意味です。

*throughout the term of this Agreementは、本契約の有効期間中という意味です。

3)applicable law(適用法令)– 例文③

Warranty Disclaimer(保証の免責条項)からです。適用法令が認める範囲を除き、ソフトウェアは現状有姿で提供され、保証されません。

Warranty Disclaimer

EXCEPT AS EXPRESSLY SET FORTH HEREIN AND TO THE MAXIMUM EXTENT PERMITTED BY APPLICABLE LAW, Any and all SOFTWARE, documentation, CONFIDENTIAL INFORMATION and any other technology or materials provided by LICENSOR to the CUSTOMER are provided “as is” and without warranty of any kind. EXCEPT AS OTHERWISE STATED IN THIS LICENSE AGREEMENT, LICENSOR MAKES NO OTHER WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITYFITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE, AND NONINFRINGEMENT.

(訳):

保証の免責 

本契約で明示的に定められている場合及び適用法令が認める最大限の範囲を除き、ライセンサーが顧客に提供するすべてのソフトウェア、ドキュメント、機密情報及びその他の技術又は資料は、「現状有姿で」提供され、いかなる保証もされない。 本ライセンス契約で別段の記載がある場合を除き、ライセンサーは、商品適格性、特定目的の適合性及び非権利侵害性の明示的又は黙示的な保証を含み、その他の明示的又は黙示的な保証は行わない。

(注):

*SET FORTH HEREINは、本契約で定めるという意味です。詳しくは、set forthについて|英文契約書の基本表現をご覧ください。

*as isは、現状有姿でという意味です。詳しくは、as isとas is where is|英文契約書の基本表現をご覧ください。   

*EXCEPT AS OTHERWISE STATEDは、~で別段の記載がある場合を除きという意味です。 詳しくは、except as の意味と使い方|英文契約書の基本表現をご覧ください。

*EXPRESS OR IMPLIEDは、明示的又は黙示的なという意味です。詳しくは、implied warrantyとは|英文契約書の基本表現をご覧ください。 

*MERCHANTABILITYは、商品適格性という意味です。詳しくは、implied warrantyとは|英文契約書の基本表現をご覧ください。 

*FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSEは、特定目的の適合性という意味です。詳しくは、fitness for a particular purpose(特定目的の適合性)とは|英文契約書の基本表現をご覧ください。

4)applicable law(適用法令)– 例文④

Confidentiality(秘密保持条項)からです。受領当事者は、適用法令により必要とされる場合、秘密情報を開示できます。

Confidentiality

Receiving Party may disclose Confidential Information if and to the extent that such disclosure is required by applicable law, regulation, or court order.

(訳):

秘密保持

受領当事者は、適用法令規制、又は裁判所の命令により秘密情報の開示が必要とされる場合に限り、秘密情報を開示することができる。

(注):

*if and to the extent thatは、 if(~の場合)to the extent that(~の限り)の組み合わせです。~場合に限りと訳されます。

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックは、当事務所にお任せください。

お問合せ、見積りは無料です。お気軽にご相談ください。迅速かつ低料金で対応いたします。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所