article, clause, provision, stipulation, covenantの解説

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書のの表現であるarticle, clause, provision, stipulation, section, paragraph, covenant, particularsについて、とりあげます。

解説:

日本語の契約書では、法令の条文構造に従って、条文の区分は、条、項、号の順番となっています。

更に、ブレークダウンする場合は、前段、中段、後段、本文、但し書きと続きます。

一方、英文契約書では、を示すものとしてarticle,clause, provision, stipulation, covenant, section, paragraph, particularsの表現があります。

しかし、英文契約書では、これらの使い分けについては、明確なルールはありません。 実際、これらの表現がバラバラに使われています。

契約の当事者が、これら条と項の表示の仕方について、お互いに合意ができていることが重要で、これができていれば、どのようにつかっても構いません。

(ご参考):

covenantについては、以外の別の意味もあります。詳しくは、covenantの意味と例文|英文契約書の基本表現をご覧ください。

(ご参考):

法務省の日本法令外国語訳推進会議が、法令の構成についての英語訳を以下のようにまとめています。

英文契約書を自ら起案・作成する場合は、条、項、号の統一的な表示方法として、これに従うやり方もあります。

目 次        Table of Contents

編          Part

章          Chapter

節          Section

款          Subsection

目          Division

条          Article

項          paragraph
          (1)(2)(3)

号          item
          (i)(ii)(iii)

イロハ        (a)(b)(c)

(1) (2) (3)      1. 2. 3.

(i) (ii) (iii)      i. ii. iii.

本 文         main clause

枝 番 号        -1, -2, -3

ただし書       proviso

前 段         first sentence

後 段         second sentence

附 則         supplementary provisions

別表第…(第…条関係)appended table … (Re: Article …)

項           row

欄           column

別記様式        appended form

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。リーズナブルな料金・費用で承ります。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所