as the case may beの意味と例文

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェック(レビュー)の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書の場合状況に関する表現であるas the case may beについて、とりあげます。 併せて、as the case may beがどのような場面で使われるかについて、訳をつけて例文で示しました。

1.解説:

1)as the case may beとは

as the case may beは、場合状況に関する表現です。

as the case may beは、状況に応じて、場合により、適宜、随時などと訳されます。

2)as the case may beの使い方

as the case may beは、複数の人や物を並べて、それぞれ対応させるために使われます。

以下が、使い方の一例です。(青字部分)

・各当事者、場合により、その代表者は、契約を締結する権限があり、契約内容が両当事者の意思であることを確認する。(例文①をご覧ください)

・一方当事者は、プロモーション活動において、他方当事者を、状況に応じて、サプライヤー又は顧客として引用できる。(例文②をご覧ください)

・コンテンツは、顧客のサーバー、会社のサーバー又は状況に応じて、サードパーティのサーバーに保存される。(例文③をご覧ください)

以上のように、as the case may beは、どのような場合や状況のときに該当するのか、あいまいさが残る表現であり、注意が必要です。

2.例文:

(注):as the case may beは、青文字で示し、基本表現をハイライトしています。

1)as the case may be(状況に応じて、場合により)- 例文①

署名にあたり、各当事者、場合により、その代表者は、契約締結の権限があり、契約内容が当事者の意思であることを確認します。

By signing the Agreement, each Party (and its representatives, as the case may be) confirms and represents that it has full legal capacity and authorization to enter into the Agreement and that the content of the provisions of the Agreement is clear, transparent and conforms to the will of the Parties.

(訳):

契約に署名することにより、各当事者(場合によりその代表者)は、契約を締結する完全な法的能力と権限を有していること、及び契約の条項の内容が明確で透明性があり両当事者の意思に合致していることを確認し表明する。

(注):

*confirms and represents は、確認し表明するという意味です。

*enter intoは、(契約を)締結するという意味です。

conforms toは、~に適合する、合致するという意味です。

2)as the case may be(状況に応じて、場合により)- 例文②

一方当事者は、プロモーション活動で、他方当事者を、状況に応じて、サプライヤーや顧客として引用できます。

Notwithstanding the foregoing, either party may refer to the other party by name as its supplier or customer (as the case may be) in promotional and marketing activities.

(訳):

上記にかかわらず、一方当事者は、プロモーション及びマーケティング活動において、他方当事者を、サプライヤー又は顧客(状況に応じて)の名称で引用することができる。

(注):

*Notwithstanding the foregoingは、上記にかかわらずという意味です。

*refer toは、直訳は参照するですが、ここでは引用すると訳します。

3)as the case may be(状況に応じて、場合により)- 例文③

コンテンツは、顧客サーバー、会社サーバー又は、状況に応じて、サードパーティのサーバーに保存されます。

Such Content shall be stored and/or backed-up on Customer’s servers, the Company’s servers or on servers of third parties, as the case may be, for a particular Application, as reasonably necessary for the Company to provide its Services.

(訳):

かかるコンテンツは、顧客のサーバー、会社のサーバー又は状況に応じて、会社がサービスを提供するために合理的に必要な特定のアプリケーション用に、サードパーティのサーバーに保存若しくはバックアップされるものとする。

(注):

*and/or は、若しくはと訳しています。詳しくは、and/orの意味と使い方|英文契約書の基本表現をご覧ください。

reasonably necessary forは、~に合理的に必要なという意味です。

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックは、当事務所にお任せください。

お問合せ、見積りは無料です。お気軽にご相談ください。迅速かつ低料金で対応いたします。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所