hold itself out asの意味と例文

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックの専門事務所です。(全国対応)電話:042-338-2557 宇尾野行政書士事務所

英文契約書で使われる表現のhold itself out asについて、とりあげます。 併せて、hold itself out as がどのような場面で使われるかについて、例文を用意しました。例文中の基本表現には注釈をしています。

1.解説:

1)hold itself out asとは

hold itself out as は、~として振る舞うという意味です。hold itself out(振る舞う)as(として)がついています。

hold itself out to be~も同じく、~として振る舞うという意味です。

2)hold itself out as ~(~として振る舞う)の使われ方

hold itself out as ~(~として振る舞う)は、特に、英文契約書のRelationship of the Parties (当事者の関係条項)で多く使われます。

Relationship of the Parties (当事者の関係条項)では、hold itself out as ~(~として振る舞う)は、多くは、shall not hold itself out as ~の形で用いられ、~として振る舞ってはならないという禁止の表現で用いられます。

契約の当事者は、独立の当事者の関係であり、一方当事者が、他方当事者に対して、代理権やその他の権限を与えるものでないことを明確にするために、他方当事者はそのような権限を有すると振る舞ってはならないとう内容でこの表現が使われます。(下記の例文①、例文②例文③をご覧ください)

(ご参考):Relationship of the Parties (当事者の関係条項)については、Relationship of the Parties(当事者の関係条項)|英文契約書の一般条項をご覧ください。

2.例文と基本表現:

(注):hold itself out asは、青文字で示しています。

1)hold itself out as ~(~として振る舞う)- 例文①

Relationship of the Parties (当事者の関係条項)からです。

Purchaser and Seller acknowledge and agree that the relationship established between the parties pursuant to this Contract is only that of a seller and a purchaser of property. Neither Purchaser nor Seller is, nor shall either hold itself out to be, the agent, employee, joint venturer or partner of the other party. 

(訳):買主と売主は、本契約に従って当事者間に確立された関係が、資産についての売主と買主としての関係のみであることを確認し合意する。買主も売主も、相手方の代理人、従業員、合弁事業者又はパートナー組合員ではなく、かかる関係者として振る舞ってはならない。

(注):

*acknowledge and agreeは、確認し合意するという意味です。

*the relationship established between the partiesは、当事者間に確立された関係という意味です。

2)hold itself out as ~(~として振る舞う)- 例文②

Relationship of the Parties (当事者の関係条項)からです。

Notwithstanding anything herein to the contrary, each party hereto shall be and remain an independent contractor and nothing herein shall be deemed to constitute the parties as partners; neither party will have the authority or hold itself out as having the authority to bind the other.

(訳):

本契約の別段の定めにもかかわらず、本契約の各当事者は、引き続き独立した契約者であり、パートナーとしての当事者を構成するとはみなされない。 いずれの当事者も、他の当事者を拘束する権限を有しておらず、かかる権限を有するとして振る舞ってはならない。

(注):

*Notwithstanding anything herein to the contraryは、本契約の別段の定めにもかかわらずという意味です。

*independent contractorは、独立した契約者という意味です。

*be deemed toは、~とみなされるという意味です。

3)hold itself out as ~(~として振る舞う)- 例文③

Relationship of the Parties (当事者の関係条項)からです。

Neither Party to this Agreement has, and shall not hold itself out as having, any authority to enter into any contract or create any obligation or liability on behalf of, in the name of, or binding upon the other Party to this Agreement.

(訳):

本契約のいずれの当事者も、本契約の相手方当事者に代わって、相手方当事者の名義で若しくは相手方当事者を拘束して、他の契約を締結する又は義務若しくは責任を生じさせる権限を有さず、かかる権限を有するとして振る舞ってはならない。

(注):

*on behalf ofは、~に代わってという意味です。

*in the name ofは、~の名義でという意味です。

*binding uponは、~を拘束してという意味です。

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックは、当事務所にお任せください。

お問合せ、見積りは無料です。お気軽にご相談ください。迅速かつ低料金で対応いたします。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所