in the course ofの意味と例文

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書の秘密保持条項などでよく使われる表現のin the course ofについて解説します。例文をとりあげ、要点と対訳と語注をつけました。

1.解説:

1)in the course ofとは

in the course ofは、英文契約書の秘密保持条項など、さまざまな場面で使われる契約表現です。

~の過程でという意味で用いられます。

in the course ofは、

in the course of transaction取引の過程で

in the course of performance:(契約の)履行の過程で

というように、進行中の過程を表す場合に使われる表現です。

2)in the course ofの使い方

使い方は、以下のようになります。(青字部分)

Confidentiality(秘密保持条項)で:

サプライヤーが取引の過程で(in the course of)知りうる製造業者に関わる情報は、機密情報として扱われる。(例文①をご覧ください)

当事者は、契約の履行の過程で(in the course of)、機密情報を開示する場合があることを認識する。(例文②をご覧ください)

Indemnification(補償条項)

買主は、契約の履行の過程で(in the course of)、買主の過失や不履行により生じた請求から、売主を補償する。(例文③をご覧ください)

2.例文と基本表現:

(注):in the course ofは、青文字で示し、基本表現をハイライトしています。

1)in the course of の例文①:

Confidentiality(秘密保持条項)からです。サプライヤーが取引の過程で知りうる製造業者に関する情報は、機密情報として扱われます。

Any production and commercial information relating to Manufacturer of which Supplier may become aware of in the course of transaction (including and not limited to: technical information, drawings, specifications, commercial conditions) will have to be essentially treated as confidential and can not be used or disclosed without prior written permission from Manufacturer.

(訳):

サプライヤーが取引の過程で知りうる製造業者に関する生産および営業情報(技術情報、図面、仕様もしくは営業状況を含むがこれらに限定されない)は、本質的に機密情報として扱われるものとし、メーカーからの事前の書面による許可なしに使用または開示することはできない。

(注):

*become aware ofは、~を知るという意味です。 

*including and not limited toは、を含むがこれらに限定されないという意味です。 

*without prior written permissionは、事前の書面による許可なしにという意味です。 

2)in the course of の例文②:

Confidentiality(秘密保持条項)からです。当事者は、契約の履行の過程で、機密であると識別された情報を開示する場合があることを認識します。

The Parties acknowledge that, in the course of performance under this Agreement, a Party may disclose, deliver or permit access by the other Party to information that is either identified as, or should reasonably be understood by the other Party to be, proprietary or confidential given the nature and the circumstances surrounding disclosure.

(訳):

両当事者は、本契約に基づく履行の過程で、一方当事者が、他方当事者によって、専有もしくは機密であると識別された情報、または開示を取り巻く状況からして専有もしくは機密であると合理的に理解される情報を開示し、提供し、もしくは他方当事者のアクセスを認める場合があることを認識する

(注):

*acknowledgeは、認識するという意味です。 

*performanceは、履行という意味です。 

*permit access by the other Partyは、他方当事者のアクセスを認めるという意味です。

*should reasonably be understoodは、合理的に理解されるという意味です。 

*proprietaryは、専有のという意味です。 

*the nature and the circumstancesは、直訳すると性質と状況ですが、状況と意訳しています。

3)in the course of の例文③:

Indemnification(補償条項)からです。買主は、契約の履行の過程で、買主の過失や不履行により生じた訴訟や請求から、売主を補償します。

Buyer hereby indemnifies Seller in respect of all damage or injury occurring to any person or to any property and against all actions, suits, claims, demands, costs, charges, or expenses arising in connection to the extent that the same shall have been caused by the negligence or default of Buyer, agents or any third party in the course of performance of or arising out the Agreement.

(訳):

買主は、本契約により、人もしくは財産に生じた一切の損害もしくは傷害について、本契約の履行の過程で、または本契約に起因して買主、代理人、第三者の過失もしくは不履行により引き起こされた範囲で生じる一切の訴訟、主張、請求もしくは費用から、売主を補償する

(注):

*herebyは、本契約によりという意味です。 

*indemnifies~against~は、~から~を補償するという意味です。

*in respect ofは、~についてという意味です。 

*actions, suits, claims, demands, costs, charges, or expensesは、類語が並んでおり、訴訟、主張、請求もしくは費用と訳しています。 

*arising in connection to the extentは、範囲で生じると意訳しています。 

*the negligence or defaultは、過失もしくは不履行という意味です。 

*performanceは、履行という意味です。 

*arising outは、に起因してという意味です。 

 

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。

納品後1年間は、契約締結が完了するまで、追加費用なしで、サポートいたします。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

ホームページ