injunctionの意味と例文

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックの専門事務所です。(全国対応)電話:042-338-2557 宇尾野行政書士事務所

英文契約書で訴訟・裁判に関する用語であるinjunctionについて、とりあげます。 併せて、injunctionが使われる場面について例文を用意しました。例文中の基本表現には注釈を入れてあります。

1.解説:

1)injunctionとは

injunctionとは、差止め命令を意味します。

injunction(差止め命令)は、裁判所の命令で、特定の行為を行わせるか、または違法もしくは不当な行為の禁止を強制するものです。

injunction(差止め命令)は、equity (エクイティ:衡平法)上の救済措置です。

損害を受けた当事者に対する救済措置には、common law(コモンロー)上の救済措置であるmoney damages(金銭賠償)と、equity (エクイティ:衡平法)上の救済措置であるinjunction(差止め命令)があります。

common law(コモンロー)上の救済措置であるmoney damages(金銭賠償)による救済措置が不十分な場合に、equity ( エクイティ: 衡平法)による救済措置で補うことができる関係にあります。

(ご参考):common law(コモンロー)上の救済措置とequity (エクイティ:衡平法)上の救済措置については、remedy at law(コモンローによる救済 )と remedy in equity (エクイティによる救済)をご覧ください。

2)injunction(差止め命令)が使われる場面

injunction(差止め命令)の用語は、特に、Non-Disclosure Agreement(秘密保持契約)に置かれるInjunctive Relief(差止めによる救済)の条項で使われます。

使われ方は、秘密情報の受領当事者に秘密保持義務の違反があり、money damages(金銭賠償)では irreparable harm(回復不能な損害)の可能性がある場合に、開示当事者は、injunction(差止め命令)の救済措置をとることができる、というような内容になります。

2.例文と基本表現:

(注):injunctionは、青文字で示しています。

injunction(差止め命令)– 例文

Supplier acknowledges that any breach by it of the confidentiality obligations set forth in this section would cause Buyer irreparable harm for which compensation by monetary damages would be inadequate and, therefore, Buyer shall have the right to an injunction or decree for specific performance, in addition to any other rights and remedies it may have at law or in equity.

(訳):サプライヤーは、本項に規定する守秘義務の違反が、買主に金銭的損害賠償では不十分な回復不能な損害をもたらすことを認識し、よって、買主は、コモンロー又はエクイティによる権利及び救済策に加えて、差止め命令又は特定履行判決を受ける権利を有するものとする。

(注):

*irreparable harmは、回復不能な損害という意味です。

*decreeは、判決という意味です。

*specific performanceは、特定履行という意味です。詳しくは、Remedies(救済条項)|英文契約書の一般条項をご覧ください。

*at law or in equity は、コモンロー又はエクイティ(衡平法)という意味です。詳しくは、remedy at law と remedy in equity|英文契約書の基本表現をご覧ください。

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックは、当事務所にお任せください。

お問合せ、見積りは無料です。お気軽にご相談ください。迅速かつ低料金で対応いたします。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所