lapse(失効する)の解説と例文

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックの専門事務所です。契約の効力に関係する用語であるlapse(失効する)について解説します。 併せて、例文をとりあげ対訳をつけました。例文中の基本表現には注釈を入れました。

1.解説:

1)lapseとは

lapseは、契約の効力に関係する用語のひとつです。

lapseは、失効する、効力が消滅するという意味です。

同じ意味をもつ表現に、become ineffectivebecome invalidbecome null and voidなどがあります。

2)lapse失効する)の使い方

lapse(失効する)は、たとえば、Termination(契約解除条項)において、契約の解除事由が解消した(消滅した)場合に、解除権者が有していた契約を解除する権利失効するというように使われます。(下記の例文をご覧ください)

2.例文と基本表現:

1)lapse(失効する)– 例文と基本表現:

Termination(契約解除条項)からです。

If either Party (the “Insolvent Party”is subject to any of the circumstances listed below, the other Party (the “Terminating Party”) shall have the right to terminate this Agreement, with immediate effectupon written notice to the Insolvent Partyprovided, however, that if the Insolvent Party ceases to be subject to the relevant circumstances before receiving any such notice of termination, the Terminating Party‘s right to terminate this Agreement by reason of such circumstances shall lapse.

(訳): 

いずれかの当事者(以下「倒産対象者」)が以下に列挙する事由のいずれかに該当する場合、他方の当事者(以下「解除権者」)は、倒産対象者への書面通知により直ちに本契約を解除する権利を有するものとする。ただし、倒産対象者が解除通知を受け取る前に、かかる事由が解消した場合、当該事由による本契約を終了する解除権者の権利は失効するものとする。

either Partyは、いずれかの当事者という意味です。詳しくは、partyとparties他の関連表現|英文契約書の基本表現をご覧ください。

*the Insolvent Partyは、倒産対象者という意味です。

is subject toは、対象となるという意味ですが、意訳しています。

*the other Partyは、他方の当事者という意味です。

*the Terminating Partyは、解除権者という意味です。 

*with immediate effectは、直ちにという意味です。詳しくは、with immediate effectの意味と例文|英文契約書の基本表現をご覧ください。

*upon written noticeは、書面通知によりという意味です。

provided, however, thatは、だだし、~とするという意味です。

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックは、当事務所にお任せください。

お問合せ、見積りは無料です。お気軽にご相談ください。迅速かつ低料金で対応いたします。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所