mortgageの意味と例文

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書で使われる担保権に関連する用語であるmortgageについて解説します。 併せて、mortgageが使われる例文をとりあげました。例文中の重要表現には注釈を入れてあります。

1.解説:

1)mortgageとは

担保権に関連する用語であるmortgageには、二つの意味があります。

ひとつは、(抵当権付き)住宅ローンの貸付金という意味です。

もうひとつは、抵当権、担保という意味です。

日常生活では、mortgageは、ほとんどが(抵当権付き)住宅ローンの貸付金の意味で使われます。

契約書では、mortgageは、一般的に抵当権、担保の意味で使われます。

また、mortgageには、動詞で~を抵当に入れるという意味があります。

2)mortgage(抵当権、担保、~を抵当に入れる)の使い方

mortgage(抵当権、担保~を抵当に入れる)は、たとえば、Assignment(譲渡制限条項)で、契約の権利を抵当に入れるなどの方法で処分してはならない、というように使われます。(下記の例文をご覧ください)

2.例文と基本表現:

(注):例文では、担保権に関連する用語として、他にpledge(質入れする)encumber(負担させる)が出てきます。mortgageを含め、これらは英米法の担保権の関連用語で、日本の民法と必ずしも一致しません。ご承知おきください。

(注):mortgageは、青文字で示し、基本表現をハイライトしています。

mortgage(~を抵当に入れる)– 例文

Assignment(譲渡制限条項)からです。サプライヤーは、無断で、契約の権利を抵当に入れるなどの方法で処分できません。

The Supplier shall not, without the prior written consent of the Vendor, sell, assign, transfer, mortgage, pledge, encumber or otherwise dispose the whole or any part of the Contract or any right, benefit, obligation or interest in connection with or under the Contract or assign to any third party any benefit arising under or out of the Contract.

(訳):

サプライヤーは、ベンダーの事前の書面による同意なしに、本契約の全体もしくは一部もしくは本契約に基づき、もしくは関連して生ずる権利、利益、義務もしくは利害を売却、譲渡、抵当権、質権、負担の付着もしくはその他の方法で処分し、または本契約に基づき、もしくは関連して生じる利益を第三者に譲渡してはならない。

(注):

*shall notは、~してはならないという意味です。

*assign, transferは、譲渡するという意味です。同義語による強調表現です。

*mortgageは、~を抵当に入れるという意味ですが、意訳しています。

*pledgeは、~を質入れするという意味ですが意訳しています。

*encumberは、負担させるという意味ですが意訳しています。

*or otherwiseは、またはその他の方法でという意味です。

*whole or any part of the Contractは、本契約の全体または一部という意味です。

英文契約書の作成・翻訳・チェックは、当事務所にお任せください。迅速かつ低料金で対応いたします。

お問合せ、見積りはお気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所