pari passuとpro rata他のラテン語表現と例文

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックの専門事務所です。電話:042-338-2557 宇尾野行政書士事務所

英文契約書でよく使われるラテン語の表現である pari passupro rata について、とりあげます。 併せて、pari passupro rata の使い方について、それぞれ例文をとりあげて訳をつけました。

1.解説:

1)pari passuとpro rataについて

英文契約書でよく使われるラテン語の表現です。

・pari passu同じ順位でという意味です。(下記の例文①をご覧ください)

・pro rata比例してという意味です。(下記の例文②をご覧ください)

2)他のラテン語の表現

・inter aliaとりわけという意味です。(下記の例文③をご覧ください)

以下のラテン語の表現も、ご参考にしてください。

mutatis mutandisとは|英文契約書の基本表現

bona fideとは|英文契約書の基本表現

in lieu ofとは|英文契約書の基本表現

2.例文:

1)pari passu(同じ順位で)– 例文①  

The obligations of such Foreign Subsidiary Borrower under this Agreement, when executed and delivered by such Foreign Subsidiary Borrower, will rank at least pari passu with all unsecured Indebtedness of such Foreign Subsidiary Borrower.

(訳):

本契約における外国子会社の借入人としての義務は、かかる外国子会社が履行及び引渡しを受けた場合、当該外国子会社のすべての無担保債務と、少なくとも同じ順位に格付けされる。

2)pro rata(比例して)– 例文② 

In the event of a termination in accordance with this clause 9, Licensor will refund the pro rata portion of any charges which may have been paid by the Licensee for the balance of the Subscription Period outstanding at the date of such termination.

(訳):

第9条に従って解除された場合、ライセンサーは、当該解除日におけるソフトウエア利用規約の期間の未払い残高に対してライセンシーが支払った料金の比例部分について返金する。

3)inter alia(とりわけ)– 例文③ 

Schedule ‘A’ shall contain general information relating to the Joint Venture including, inter alia, the following :

(訳):

添付書類「A」には、とりわけ、以下のものを含む合弁事業に関する一般情報が含まれる。

英文契約書の作成・翻訳・チェック(レビュー)は、当事務所にお任せください。迅速かつ低料金で対応いたします。

お問合せ、見積りはお気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所