partyとparties他の関連表現|英文契約書の基本表現

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

契約の当事者を表す用語であるpartyとその関連表現について、とりあげます。併せて、partyとその関連表現のいくつかの例文もとりあげて、訳をつけました。例文中の基本表現に注記を入れました。

1.解説:

契約の当事者を表すpartythe parties他の関連表現を、以下にまとめました。

partythe parties:

それぞれ、party当事者を、the parties両当事者 を意味します。(下記の例文①をご覧ください。)

either partythe other party:

それぞれ、either party一方当事者(いずれかの当事者)を、the other party他方当事者を意味します。(下記の例文②をご覧ください。)

the opposing party:

(訴えなどの)相手当事者を意味します。 (下記の例文③をご覧ください。)

the relevant parties:

関係当事者を意味します。(下記の例文④をご覧ください。)

the party so affected:

(不可抗力などの)影響を受けている当事者を意味します。(下記の例文⑤をご覧ください。)

the disclosing partythe receiving party:

それぞれ、(秘密情報の)開示当事者受領当事者を意味します。(下記の例文⑥をご覧ください。)

the breaching partythe non-breaching party:

それぞれ、債務不履行当事者債務不履行をしていない当事者を意味します。(下記の例文⑦をご覧ください)

third parties:

第三者を意味します。(下記の例文⑧をご覧ください)

2.例文と基本表現

(注):partyとその関連表現は、青文字で示し、基本表現をハイライトしています。

1) party(当事者)とthe parties(両当事者)- 例文①

Premises (頭書)の部分からです。party(当事者)とthe parties(両当事者)を定義しています。

This “Agreement is entered into effective XX between ABC company, a XX having its head office at XX and XYZ company a XX having its head office at XX (collectively the “Parties” or individually a “Party”).

(訳):

本契約は、XX(日付)から効力を有するものとして、XXに本店を置くABC会社と、XXに本店を置くXYZ会社(以下、総称して両当事者」、それぞれ「当事者」という。)との間に締結される。

(注):

collectivelyは、総称してという意味です。詳しくは、collectivelyの使い方|英文契約書の基本表現をご覧ください。

2)either party(一方当事者)とthe other party(他方当事者)- 例文②

Termination (契約解除条項)からです。either party(一方当事者)が列挙事由に該当した場合のthe other party(他方当事者)の解除権を規定しています。

If either Party is subject to any of the circumstances listed below, the other Party shall have the right to terminate this Agreement.

(訳):

一方当事者次のいずれかの事由に該当する場合、他方当事者は本契約を終了する権利を有するものする。

(注):

is subject to any of the circumstances listed belowは、次のいずれかの事由に該当するという意味です。

3)the opposing party(相手方当事者)- 例文③

Arbitration(仲裁条項)からです。the opposing party(相手方当事者)の証拠資料提出を規定しています。

Within 20 days after receipt of the Claimant’s submission, the Opposing Party shall submit to the arbitrator a memorandum supporting its position and any exhibits or other supporting documents.

(訳):

相手方当事者は、申立人の提出物を受領後20日以内に、仲裁人に対し、その地位及び別紙資料又はその他証拠資料を裏付ける文書を提出するものとする。

(注):

the Claimant’s submissionは、申立人の提出物という意味です。

a memorandum supporting its position and any exhibits or other supporting documentsは、その地位及び別紙資料又はその他証拠資料を裏付ける文書という意味です。

4)the relevant parties(関係当事者)- 例文④

文書変更に関するthe relevant parties(関係当事者)の義務を規定しています。

Each of the Relevant Parties hereby confirms its consent to the amendments to the Existing Documents contained in this Agreement and agrees that:

(訳):

各々の関係当事者は、本契約に含まれる既存文書の修正に同意することを確認し、以下に同意する。

(注):

its consent to the amendments to the Existing Documentsは、既存文書の修正に同意することという意味です。

5)the party so affected(影響を受けている当事者)- 例文⑤

Force Majeure(不可抗力)からです。the party so affected(影響を受けている当事者)の努力義務を規定しています。

The Party so affected shall use Diligent Efforts to avoid or remove such causes of non-performance as soon as is reasonably practicable.

(訳):

(不可抗力事由により) 影響を受けている当事者は、合理的に実行可能な限り速やかに、かかる不履行の原因を回避または除去するために勤勉な努力を払うものとする。

(注):

non-performanceは、不履行という意味です。

as soon as is reasonably practicableは、合理的に実行可能な限り速やかにという意味です。

6) the disclosing party(開示当事者)とthe receiving party( 受領当事者)- 例文⑥ 

Confidentiality(秘密保持条項)からです。the disclosing party(開示当事者)とthe receiving party(受領当事者)が定義されています。

For purposes of this Agreement, “Confidential Information” shall mean all confidential or proprietary information of either Party (the “Disclosing Party”) which the Disclosing Party provides to the other Party (the “Receiving Party”) during the term of this Agreement.

(訳):

本契約において、「秘密情報」とは、 各当事者(「開示当事者」)の秘密又は専有情報であって、本契約の期間中、開示当事者が他方当事者(「受領当事者」)に対して、提供するもの一切をいうものとする。

(注):

proprietary informationは、専有情報という意味です。詳しくは、proprietary rightsとproprietary information|英文契約書の基本表現をご覧ください。

7)the breaching party(債務不履行当事者)と the non-breaching party(債務不履行をしていない当事者)- 例文⑦

Termination(契約解除条項)からです。不履行が是正されない場合、the breaching party(債務不履行当事者)に、the non-breaching party(債務不履行をしていない当事者)が通知して解除できます。

If either Party commits a material breach of any of its obligations under this Agreement and fails to correct such breach within 20 days after receiving notice of the breach from the non-breaching Party, the non-breaching Party shall have the right to terminate this Agreement upon 30 days advance written notice to the breaching Party.

(訳):

いずれかの当事者が本契約の重大な債務不履行に陥り債務不履行していない当事者から履行請求の通知を受領してから20日以内に債務不履行を解消しなかった場合、債務不履行していない当事者は、30日前に債務不履行当事者に書面通知して、本契約を解除することができる。

(注):

commits a material breach of any of its obligationsは、重大な債務不履行に陥るという意味です。

upon 30 days advance written notice toは、30日前に書面通知してという意味です。

8)third parties(第三者)- 例文⑧:

No Third Party Beneficiary(第三者利益条項)からです。third parties(第三者)に権利は付与されないことを規定しています。

This Agreement is solely for the benefit of the Parties and their successors and assigns, subject to the restrictions on assignment contained herein, and shall not be construed to confer any rights on any third parties.

(訳):

本契約は、ここに定められる譲渡の制限に従って、両当事者、その承継人および譲受人の利益のためのものであって、いかなる第三者に対しても権利を付与するものではない。

(注):

their successors and assignsは、その承継人および譲受人という意味です。

subject to the restrictions on assignment contained hereinは、ここに定められる譲渡の制限に従ってという意味です。

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。リーズナブルな料金・費用で承ります。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所