reimburseの意味と例文

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書で、費用の支払いに関係する用語reimburseについて解説します。併せて、例文をとりあげ訳をつけました。例文中の他の基本表現に注記しました。

1.解説:

1)reimburseとは

reimburseは、英文契約書では、通常、(費用などを)払い戻す精算するという意味で使われます。

reimburseは、たとえば、①事業者が交通費、宿泊代などの費用を立て替える、そのあと、②事業者が顧客などから払い戻し、精算を受けるというプロセスになります。

2)reimburseの使い方

reimburseは、委任契約などで、よく使われる用語です。

たとえば、コンサルタント契約であれば、使い方は、以下のようになります。青文字部分です。

『クライアント(顧客)は、コンサルタントが負担する妥当な額の現金立て替え費用と、サービス提供に直接関係した事前承認された旅費の立て替え費用を、コンサルタントに払い戻すものとする。』(例文①をご覧ください)

妥当な額の現金立て替え費用であること、旅費は事前承認されていることを条件としています。

費用の払い戻しについては、請求が高額になることもあるので、契約で手当てしておくことが重要です。

2.例文と基本表現:

(注):reimburseは、青文字で示し、基本表現をハイライトしています。

1)reimburse – 例文①

コンサルタント契約のReimbursement of Expenses(費用精算条項)からです。

Client shall reimburse Consultant for Consultant’s reasonable out-of-pocket expenses incurred, and for pre-approved travel out-of-pocket expenses directly related to services rendered by Consultant under this Agreement.

(訳):

クライアントは、コンサルタントが負担した妥当な額の現金立て替え費用、および本契約に基づいてコンサルタントが提供するサービスに直接関連する事前承認された旅費の現金立て替え費用をコンサルタントに払い戻すものとする。

(注):

*out-of-pocket expensesは、現金立て替え費用という意味です。  

*incurredは、(費用を)負担したという意味です。 

*pre-approvedは、事前承認されたという意味です。 

*renderedは、提供する(サービス)という意味です。

2)reimburse – 例文②

一般条項のRemedies(救済条項)からです。

If either party seeks monetary damages from the other party, and a final judgment is entered entirely in favor of the party defending the monetary damages claim, then the party who brought such monetary claim shall reimburse the defending party for its reasonable attorney’s fees and costs paid defending that claim. Otherwise, each party shall bear its own fees and expenses unless otherwise provided by statute.

(訳):

いずれかの当事者が他方の当事者に対し金銭的損害賠償を求め、最終的に金銭的損害賠償の請求に対して弁護する当事者完全に有利な判決が下された場合、金銭的損害賠償請求を提起した当事者は、当該請求に対して弁護するために支払われた合理的な弁護士費用を、弁護側当事者に払い戻すものとする。 それ以外の場合、法令で別途規定されていない限り、各当事者は自らの手数料および費用を負担するものとする。

(注):

*seeks monetary damagesは、金銭的損害賠償を求めるという意味です。

*in favor ofは、~に有利になるという意味です。 

*Otherwiseは、それ以外の場合という意味です。 

*unless otherwise providedは、別途規定されていない限りという意味です。

3)reimburse – 例文③

ライセンス契約のTechnical Assistance(技術指導の条項)からです。

Licensor shall be responsible for the costs of such technical assistance, unless Licensor’s technical personnel is required to travel to Licensee’s premises, in which event Licensee shall reimburse Licensor for agreed upon travel and subsistence expenses of Licensor’s technical personnel.

(訳):

ライセンサーは、当該技術指導の費用を負担するものとするが、ライセンサーの技術担当者がライセンシーの施設に出張する必要がある場合を除く。その場合は、ライセンシーは、ライセンサーの技術担当者の合意した出張費と日当をライセンサーに払い戻すものとする。

(注):

*premisesは、施設という意味です。 

*in which eventは、その場合という意味です。 

*subsistence expensesは、直訳すると生活費ですが、日当と訳しています。

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。リーズナブルな料金・費用で承ります。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所