responsibilityとliability、obligationとdutyの意味と例文

英文と日本語のビジネス契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(低料金、全国対応)

英文契約書で責任や義務を表す用語であるresponsibility、liability、obligation、dutyについて解説します。例文もとりあげて訳をつけました。例文中の他の基本表現には注記を入れました。

1.解説:

1)responsibilityとliabilityについて

responsibilityliabilityは、共に責任と訳されますが、以下の違いがあります。

まず、liability は、法的な責任を意味します。

当事者に契約違反があれば、賠償責任を負うことになます。(例文①をご覧ください)

他方、responsibilityは、広い意味での責任を意味します。

したがって、responsibilityの意味内容は、liabilityを含みます。(例文②をご覧ください)

2)obligationとdutyについて

その他、英文契約書で使われる関連表現の obligationduty についてです。

obligationdutyは、共に義務と訳されます。両者に大きな違いはありません。

obligationは、契約上の義務、つまり債務の意味で使われることが多いです。(例文③をご覧ください)

dutyは、法的な義務を意味します。職務の意味で使われることもあります。(例文④をご覧ください)

大事な事は、obligation(義務)と duty(義務)であっても、契約違反があった場合、法的な責任が問われることに注意が必要です。

2.例文と基本表現:

(注):responsibility、liability、obligation、duty青文字で示し、基本表現をハイライトしています。

1) liability(責任)の例文①

liabilityには、法的責任(賠償責任)の意味があります。

In addition, notwithstanding any other provision herein to the contrary, Seller’s aggregate liability arising from transactions for the Product under this Agreement shall not exceed the total amount paid by Buyer to Seller for the Product under this Agreement.

(訳):

さらに、本契約の他の条項にかかわらず、本契約に基づく製品の取引から生じる売主の累積責任は、本契約に基づき製品に対して買主が売主に支払った合計額を超えないものとする。

(注):

notwithstanding any other provision herein to the contraryは、本契約の他の条項にかかわらずという意味です。詳しくは、notwithstanding の意味と使い方|英文契約書の基本表現をご覧ください。

aggregate liabilityは、累積責任と訳されます。契約で負う全部の責任のこといいます。

*arising fromは、~に起因する、~から生じるという意味です。

2) responsibility(責任)の例文②

responsibilityには、一般的な責任と法的責任の両方の意味があります。

Executive shall assume and perform such executive or managerial duties and responsibilities as are assigned from time-to-time by the Chief Executive Officer or such other officer designated by the Chief Executive Officer, to whom Executive shall report and be accountable.

(訳):

経営陣は、経営陣が報告し説明義務を負う最高経営責任者若しくは最高経営責任者が指定する役員が随時割り当てる経営又は管理上の職務及び責任引き受け、遂行するものとする。

(注):

assume and performは、引き受け遂行するという意味です。

dutiesは、職務という意味です。

be accountableは、説明義務を負うという意味です。

3) obligation(義務)の例文③

With the exception of liability for breaches of obligations relating to intellectual property, confidentiality, and Licensor’s warranty in Article 3.2, neither Party shall be liable to the other Party for any consequential or indirect damages suffered by such other Party in connection with the Licensed Technology or this Agreement.

(訳):

第3.2条の知的財産、秘密保持、及びライセンサーの保証に関連する義務の不履行責任を除き、いずれの当事者も、他方当事者に対して、ライセンスされる技術又は本契約に関連して他方当事者が被った結果的又は間接的な損害の責任を負うものではない。

(注):

any consequential or indirect damagesは、結果的又は間接的な損害という意味です。詳しくは、consequential damageとは|英文契約書の基本表現をご覧ください。

4) duty(義務)の例文④

The Receiving Party shall disclose the Confidential Information only to its employees, directors, contractors, and advisers who have a reasonable need to know the Confidential Information, and who are bound by duties of confidentiality and limited use at least as strict as those stated herein.

(訳):

受領当事者は、秘密情報を合理的に知る必要があって、本契約に定めるものと少なくとも同等の秘密保持義務及び利用制限によって拘束される従業員、取締役、受託業者、及びアドバイザーに対してのみ秘密情報を開示するものとする。

(注):

have a reasonable need to knowは、を合理的に知る必要があるという意味です。need to knowの意味と例文もご参考にしてください。

are bound byは、によって拘束されるという意味です。

 

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。

納品後1年間は、契約締結が完了するまで追加費用なしで、サポートいたします。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

ホームページ