solely responsible forの意味と例文

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳の専門事務所です。(全国対応)宇尾野行政書士事務所

英文契約書で、責任に関係する表現であるbe solely responsible forについて解説します。 併せて、例文をとりあげ対訳をつけました。例文中の他の基本表現に注記を入れました。

1.解説:

be solely responsible forは、当事者の責任を表す表現です。

be responsible for~について責任を負うの意味でsolely単独での意味です。

英文契約書では、be solely responsible forの表現は、~について全責任を負うという意味で使われます。

当事者の責任を明確にするために、be solely responsible for(~について全責任を負う)は、英文契約書のさまざまな場面でよく使われます。(以下の例文①、②、③をご覧ください)

2.例文と基本表現:

(注):be solely responsible forは、青文字で示し、基本表現をハイライトしています。

1)be solely responsible for(~について全責任を負う)– 例文①

費用についての責任です。各当事者は、契約の取引に関連する費用について全責任を負います

Except as expressly provided for in this Agreement, each Party will be solely responsible for all expenses incurred by such Party in connection with the negotiation, execution, and performance of this Agreement and in connection with the transactions contemplated hereunder.

(訳):

本契約で明示的に規定されている場合を除き、各当事者は、本契約の交渉、締結及び履行並びに本契約で意図される取引に関連して、当該当事者に生じるすべての費用について全責任を負う

*Except as expressly provided forは、明示的に規定されている場合を除きという意味です。詳しくは、except as の意味と使い方|英文契約書の基本表現をご覧ください。 

*the negotiation, execution, and performance of this Agreementは、本契約の交渉、締結及び履行という意味です。

*contemplated hereunderは、本契約で意図されるという意味です。詳しくは、contemplate の使い方|英文契約書の基本表現をご覧ください。

2)be solely responsible for(~について全責任を負う)– 例文②

業務委託契約からです。サービス会社は、成果物の開発と納品について全責任を負います

Unless otherwise expressly agreed to in a Statement of Work, Service Provider shall be solely responsible for all aspects of the development and delivery to Client of the Deliverables described in a Statement of Work (including a complete copy of all of the Work Products in and related thereto) in accordance with the Specifications and in the time frames specified in the Implementation Schedule.

(訳):

作業指示書別途明確な同意がない限り、サービス会社は、仕様書及び運用スケジュールで指定の時間枠に基づき、作業指示書(関連する作業成果物の全てのコピーを含む)に記載された、成果物の開発及びクライアントへの納品のあらゆる点について全責任を負うものとする。

*Unless otherwise expressly agreedは、別途明確な同意がない限りという意味です。詳しくは、unless otherwise とその関連表現|英文契約書の基本表現をご覧ください。 

*Statement of Workは、作業指示書という意味です。

*Deliverablesは、成果物という意味です。

3)be solely responsible for(~について全責任を負う)– 例文③

売買契約からです。納品時以降、買主が商品の保管と保守について全責任を負います。

From the time of delivery the Goods shall be at the risk of the Buyer who shall be solely responsible for their custody and maintenance but, unless otherwise expressly agreed in writing, the Goods shall remain the property of the Company until all payments under the Contract have been made in full and unconditionally.

(訳):

納品時以降、買主が商品の危険を負担し、その保管と保守について全責任を負うものとするが、別途書面にて明示的に合意する場合を除き、本契約に基づき、すべての支払いが完全に無条件に完了するまでは、商品の所有権は、会社に引き続き帰属する

*unless otherwise expressly agreed in writingは、別途書面にて明示的に合意する場合を除きという意味です。

*remain the property of the Companyは、会社に引き続き帰属するという意味です。

英文契約書・日本語契約書の作成・チェック(レビュー)・翻訳は、当事務所にお任せください。リーズナブルな料金・費用で承ります。

お問合せ、見積りは、無料です。お気軽にご相談ください。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所