within a reasonable timeの意味と例文

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックの専門事務所です。(全国対応)電話:042-338-2557 宇尾野行政書士事務所

英文契約書の期限に関する表現のひとつであるwithin a reasonable timeについて、とりあげます。 併せて、例文をとりあげ対訳をつけました。例文中のその他の基本表現に注記を入れました。

1.解説:

英文契約書には、期限に表す表現がいくつかあります。

within a reasonable timeは、合理的な時間内にという意味です。

within a reasonable time(合理的な時間内に)は、forthwith(直ちに)などとくらべると、期限の緊急性が低くなります。

期限の緊急性は、without delay(遅滞なく)と同じ程度です。(以下の例文①と例文②ご覧ください)

期限の緊急性の程度についてですが、具体的に何日なのかをめぐって争いが生じる可能性もありますので、可能であれば、具体的な日程を記載するのが安全です。

(ご参考):

期限に表す表現については、forthwithの意味と使い方|英文契約書の基本表現もご覧ください。

2.例文と基本表現

(注):within a reasonable timeは、青文字で示しています。

1)within a reasonable time(合理的な時間内に)- 例文①

Any repair or replacement shall be completed within a reasonable time and without any significant inconvenience to the Company, taking account of the nature of the goods and the purpose for which they are required by the Company

(訳):

修理又は交換は、商品の性質と会社が要求する目的を考慮して合理的な時間内に、会社に大きな不便をかけずに完了するものとする。

(注):

*without any significant inconvenience toは、に大きな不便をかけずにという意味です。

*taking account ofは、を考慮してという意味です。

2)within a reasonable time(合理的な時間内に)- 例文②

Any dates specified by the Company for delivery of the Goods are intended to be an estimate and the time of delivery is not of the essence. If no dates are so specified, delivery shall be within a reasonable time.

(訳):

商品の配送についての会社の指定日は、目安であり、配送時間は厳格のなものではない。日付指定がない場合、納期は合理的な時間内としなければならない。

(注):

*are intended to beは、~することを意図しているという意味ですが、(目安)でありと意訳しています。

*is not of the essenceは、(配送時間)は厳格のなものではないという意味です。

 

英文契約書・日本語契約書の作成・翻訳・チェックは、当事務所にお任せください。

お問合せ、見積りは無料です。お気軽にご相談ください。迅速かつ低料金で対応いたします。

電話:042-338-2557   受付時間: 月~金 10:00~18:00

メールでのお問合せは、こちらから。     

ホームページ:宇尾野行政書士事務所