契約書の構成

契約書は、以下の項目によって構成されます。

①タイトル: 契約書の内容を一目でわかるようにします。「売買契約書」、「業務委託契約書」、「賃貸借契約書」などです。 印紙税が課税されるかどうかは、契約書のタイトルでなく、契約の内容に基づいて決定されます。

②前文: 「〇〇と〇〇は、別紙記載の目的物について、以下のとおり売買契約を締結する。」 というように、契約当事者がだれなのか、どのような契約内容なのかを特定します。

③ 契約の内容:契約の具体的な内容を、条、項、号の順番で記載します。

④後文:「本契約締結の証として、 本契約書2通を作成し、甲乙記名捺印のうえ、各1通を保有する。」というように、当事者の間で契約を成立した事実を示します。

⑤契約作成の日付: 契約有効期限の開始日となる契約成立の日を明らかにします。

⑥契約当事者の表示:契約当事者が署名(手書きで名前を書く)または記名(ゴム印または印刷で記載する)と捺印をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA